“アニメ界のアカデミー賞”発表…ジブリ作品を抜き受賞したのは? | レスポンス(Response.jp)

“アニメ界のアカデミー賞”発表…ジブリ作品を抜き受賞したのは?

エンターテインメント 映画・ドラマ・映像作品

『思い出のマーニー』新ポスター-(C) 2014 GNDHDDTK
  • 『思い出のマーニー』新ポスター-(C) 2014 GNDHDDTK
  • 『バケモノの子』-(C) 2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS
  • 『バケモノの子』- (C) 2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS
  • 『思い出のマーニー』ブルーレイ- (C) 2014 GNDHDDTK
“アニメーション界のアカデミー賞”といわれるアニー賞のセレモニーが現地時間2月6日に行われ、『インサイド・ヘッド』が作品賞に輝いた。監督賞をはじめ3部門へのノミネートを果たしたジブリ作品『思い出のマーニー』は惜しくも受賞を逃す結果となった。

2015年5月より、英題『When Marnie Was There』としてニューヨーク、ロサンゼルスを皮切りに全米公開された『思い出のマーニー』。本作では、イギリスの作家ジョーン・ロビンソンによる同名児童文学を原作に、海辺に暮らす親せきに預けられることになった少女・杏奈と、海辺に佇む“湿っ地屋敷”に暮らす金髪の少女・マーニーがひと夏を過ごし、ある秘密を分かち合う姿を描く。

本作は第43回アニー賞の最優秀監督賞、最優秀脚本賞、インディペンデント作品賞にノミネートされていた。同じくインディペンデント賞へのノミネートを果たした細田守監督『バケモノの子』(『The Boy and the Beast』/英題)も受賞には至らなかった。

『思い出のマーニー』は2月28日(現地時間)に開催される第88回アカデミー賞の長編アニメーション部門にもノミネートされており、同賞での受賞に期待がかかる。

ジブリ『思い出のマーニー』、アニー賞受賞ならず! オスカーに期待

《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品