【デリーモーターショー16】ルノーの小型SUV、クウィッド に「クライマー」…オフローダー提案

自動車 ニューモデル モーターショー

ルノー クウィッド・クライマー
  • ルノー クウィッド・クライマー
  • ルノー クウィッド・クライマー
  • ルノー クウィッド・クライマー
フランスの自動車大手、ルノーは2月3日、インドで開幕したデリーモーターショー(オートエキスポ)16において、コンセプトカーの『クウィッド・クライマー』を初公開した。

同車はルノーが2015年5月、インドで発表した新型車、『クウィッド』(KWID)をベースに開発されたコンセプトカー。クウィッドは小型のクロスオーバー車で、インドなどの新興国をはじめ、世界市場に投入を計画する。

ボディサイズは、全長3680mm、全幅1580mm。欧州Aセグメントに属する小型クロスオーバー車となる。最低地上高は、180mmを確保。前後オーバーハングを切り詰めたデザインを採用する。

室内は、モダンさを強調した仕上げ。センターコンソールは、ピアノブラックトリムで、クロームで縁取る。ナビゲーションシステムのモニターは、7インチ。小型ボディながら、5名乗車が可能なスペースを持つ。

デリーモーターショー16で初公開されたのが、クウィッド・クライマー。市販車のクウィッドに対して、最低地上高をさらに引き上げ、大型バンパー、サイドプロテクションモール、ホイールアーチエクステンションなどを装備。オフローダーを提案している。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品