古野電気、ETC車載器の認証機能を活用した利用車両認識サービスを納入

自動車 ビジネス 企業動向

システムの概念図
  • システムの概念図
  • イオンモール常滑の車両出入り口ゲート 路側アンテナ(写真吹き出しで拡大表示)で、登録車両を識別
古野電気は、DSRC路側アンテナをベースとするクラウド型のETC利用車両認識サービス「CaoThrough」(カオ・スルー)が大型ショッピングモール「イオンモール常滑」(愛知県常滑市)で、搬入車両の入退管理システムに採用されたと発表した。

システムでは、「イオンモール常滑」へ来場した顧客の車両と施設店舗への物資搬出入などの業務車両が入退場する出入り口全てに設置される。その上で、システムに事前登録した業務用車両のみハンズフリーで入出庫や搬出入作業を円滑に行うことができるようになり、施設周辺の道路混雑緩和に寄与する。

「CaoThrough」は、シーイーシーとの協業で開発した新サービス。クラウドサーバー型の顧客管理システムと、高速道路の通行などで全国に広く普及しているETC車載器の車両認証機能を活用した車両のハンズフリー入退場をパッケージ化して提供するソリューションサービス。古野電気では、公共施設や商業施設を問わず、幅広い利用を目指している。

同システムを導入したイオンモールと豊田通商は、駐車場での様々なサービス利用を見込んだ実証実験を行うことで、更なる利便性向上に向けた検討を行う。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  4. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  5. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  6. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  7. 【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した

  8. 東洋ゴム、経営再建を託された駒口会長が一身上の都合で退任

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】スバル、スズキ、いすゞ、日野…自動車メーカーのココ見て![フォトレポート]

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】市光工業の標準LEDユニット、自動車技術会賞を受賞

アクセスランキングをもっと見る