古野電気、ETC車載器の認証機能を活用した利用車両認識サービスを納入

自動車 ビジネス 企業動向

システムの概念図
  • システムの概念図
  • イオンモール常滑の車両出入り口ゲート 路側アンテナ(写真吹き出しで拡大表示)で、登録車両を識別
古野電気は、DSRC路側アンテナをベースとするクラウド型のETC利用車両認識サービス「CaoThrough」(カオ・スルー)が大型ショッピングモール「イオンモール常滑」(愛知県常滑市)で、搬入車両の入退管理システムに採用されたと発表した。

システムでは、「イオンモール常滑」へ来場した顧客の車両と施設店舗への物資搬出入などの業務車両が入退場する出入り口全てに設置される。その上で、システムに事前登録した業務用車両のみハンズフリーで入出庫や搬出入作業を円滑に行うことができるようになり、施設周辺の道路混雑緩和に寄与する。

「CaoThrough」は、シーイーシーとの協業で開発した新サービス。クラウドサーバー型の顧客管理システムと、高速道路の通行などで全国に広く普及しているETC車載器の車両認証機能を活用した車両のハンズフリー入退場をパッケージ化して提供するソリューションサービス。古野電気では、公共施設や商業施設を問わず、幅広い利用を目指している。

同システムを導入したイオンモールと豊田通商は、駐車場での様々なサービス利用を見込んだ実証実験を行うことで、更なる利便性向上に向けた検討を行う。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  2. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  3. FBIがフェラーリ F50 を全損、弁償せず…秘密捜査?

    FBIがフェラーリ F50 を全損、弁償せず…秘密捜査?

  4. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  5. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  6. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  7. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  8. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  9. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  10. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら