三菱重工、 MRJ の開発スケジュール遅延で開発体制を強化へ

航空 企業動向

走行試験するMRJ飛行試験初号機
  • 走行試験するMRJ飛行試験初号機
  • MRJ(三菱リージョナルジェット)初飛行のようす
三菱重工業は、量産初号機の納入時期が計画より遅れている次世代リージョナルジェット「MRJ」の開発体制強化策をまとめた。

MRJは開発スケジュールの遅れによって2017~2018年度に投資が増加、最大損失増加と事業の黒字化が遅れるリスク、キャッシュフロー計画の下振れリスクが生じている。

このため、開発体制の強化と効率改善を図る。具体的には、防衛要員との交流を含み国内他社から人材補強を実施するなど、航空機開発エキスパートを補強する。完成機事業を担う人材を三菱航空機に集約する。

また、三菱航空機の本社(愛知県)が型式証明の文書作成や当局への対応、飛行試験、量産準備、カスタマーサポートなど、米国シアトルの拠点が開発設計と技術課題対策など、米国モーゼスレイクの拠点が飛行試験、データ解析・評価などをそれぞれ担当する体制を構築して、開発促進と効率化を図る。

三菱重工、三菱航空機、パートナーで連携を強化してスケジュール管理も強化する。

このほか、本格事業展開の準備として三菱航空機と間接業務、三菱重工とのシェアード化とスリム化を第1ステップとして実施し、第2ステップでカスタマーサポートを含む量産事業体制を構築する。費用や顧客サービス面から組織・要員を効率的に配置する。

MRJは開発が遅れており、昨年12月には量産初号機の納入時期を2017年4-6月期から1年程度延期した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. ジェットスタージャパン、速度計異常で重大インシデントに認定

    ジェットスタージャパン、速度計異常で重大インシデントに認定

  2. シンガポール・チャンギ空港旅客数、6月は3%増…中国・豪州線が好調

    シンガポール・チャンギ空港旅客数、6月は3%増…中国・豪州線が好調

  3. エティハド航空、アブダビ=ニューヨーク線に A380 を追加投入 2017年6月から

    エティハド航空、アブダビ=ニューヨーク線に A380 を追加投入 2017年6月から

  4. ANA956便事故「機長の操作ミス」---運輸安全委員会

  5. IHI、航空機エンジン「GE9X」開発に参画…ボーイング777Xに搭載

  6. ジェットブルー、A321ceoを15機発注…米工場で製造

  7. エミレーツ航空、ドバイ=ヨハネスブルグ線に A380 を投入 2017年2月から

  8. 「九州ふっこう割引」で熊本宿泊が最大3万円お得…ANAがツアー発売

  9. 今後20年間に必要なパイロットとメカニック---約150万人

  10. JALの「九州ふっこう割」第2弾---最大2万円割引

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら