【MotoGP】マルケス、タイトル奪還に向けミシュランの感触を確認

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

Repsol Honda Teamのマルク・マルケス
  • Repsol Honda Teamのマルク・マルケス
  • Repsol Honda Teamのマルク・マルケス
  • Repsol Honda Teamのマルク・マルケス
  • Repsol Honda Teamのマルク・マルケス
  • Repsol Honda Teamのマルク・マルケス
  • Repsol Honda Teamのマルク・マルケス
  • Repsol Honda Teamのマルク・マルケス
  • Repsol Honda Teamのマルク・マルケス
青空が広がり、気温30度を超えるマレーシアのセパン・サーキット。2月1日~3日の3日間、MotoGP 2016の公式テストがいよいよスタートし、『Repsol Honda Team』のマルク・マルケスが16年型RC213Vに新しい電子制御を組み込んで、3日間で147ラップをこなした。

スペックが少し異なるエンジンを搭載した2台のマシンを試走。MotoGPクラスに供給されるタイヤは、今シーズンからブリヂストンからミシュランへと変更されるが、マルケスはそのフィーリングを確かめながら、集中したテストをおこなった。

昨年のテストでは、1分58秒台という前人未踏のスーパーラップを叩き出したが、今年は変更された2つのルールを確認しながらのテストとなり、ベストタイムは2分00秒843。3日間の総合では5番手だった。次回のテストに向け、多くのデータ収集に成功した模様だ。

マルク・マルケスは、2013年に史上最年少記録で世界チャンピオンに輝き、翌14年にシーズン史上最多優勝記録を更新して2連覇を果たした。昨年はシーズン5勝を挙げて総合3位。今シーズンはタイトル奪還と、3度目のチャンピオン獲得を目指す。
《青木タカオ》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品