【キャンピングカーショー16】自転車を積載「ツメルンダー」にオフィスカー…面白キャンパー続々

自動車 ビジネス 国内マーケット

自転車を積める「ツメルンダー」、ジャパン キャンピングカーショー出展
  • 自転車を積める「ツメルンダー」、ジャパン キャンピングカーショー出展
  • 自転車を積める「ツメルンダー」、ジャパン キャンピングカーショー出展
  • 自転車を積める「ツメルンダー」、ジャパン キャンピングカーショー出展
  • 自転車を積める「ツメルンダー」、ジャパン キャンピングカーショー出展
  • 自転車を積める「ツメルンダー」、ジャパン キャンピングカーショー出展
  • 自転車を積める「ツメルンダー」、ジャパン キャンピングカーショー出展
  • 自転車を積める「ツメルンダー」、ジャパン キャンピングカーショー出展
  • 自転車を積める「ツメルンダー」、ジャパン キャンピングカーショー出展
ジャパン キャンピングカーショー2016実行委員会は、2016年2月11日(木)~14日(日)に幕張メッセにて開催する「ジャパン キャンピングカーショー2016」の出展車を公開した。

「ジャパン キャンピングカーショー2016」は、アジア最大級となる約300台のキャンピングカーが展示されるキャンピングカーの祭典だ。テーマは「泊まれるクルマ、遊べるクルマを一堂に」。今回、出展車の一部が公開された。

オートワンからは、自転車好きに魅力的な軽キャンピングカー「Tumerunder(ツメルンダー)」が登場。自転車を2台積める。天井にあるルーフトップには開閉型テントを装備し、大人2人が自転車を積んだまま車中泊できる。

キャンパー鹿児島は、「オフィスカー 特別Ver」を出展。オリジナルのオフィス仕様キャンピングカーの特別バージョンとなる。パソコン、携帯、冷暖房、テレビ、プリンターなどリチウム電池を活かした電源と広い作業スペースを確保。車両の長さは5メートル未満とコンパクトだが、商談スペースは対面式となっている。

この他にも、VAMOS Hobio(バモス ホビオ)をベースとしたホンダ「ホビオ FLEX コンセプト」、ペットのためのキャンピングカーANNEX「COMPOSER HR with DOG」、車いすのまま乗車できるエートゥーゼット「ボンゴ・アミティ多目的サポートカー」などが出展される。

開催日は、2月11(木)~14日(日)。会場は、幕張メッセ(国際展示場ホール 1・2・3ホール)。ペット同伴可能。前売券は、一般(高校生以上)800円、小人(小・中学生)400円、公式ガイドブック付入場券1,200円。当日券は、一般(高校生以上)1,000円、小人(小・中学生)500円、ペット200円。未就学児は無料。

前売券の販売は、チケットぴあ(Pコード:990-012)、CNプレイガイド、ローソンチケット(Lコード:33980)。

自転車を積める「ツメルンダー」、ジャパン キャンピングカーショー出展

《美坂柚木@CycleStyle》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品