床に落としたバッグが挟まり、ブレーキが踏めずに事故

自動車 社会 社会

3日午後0時25分ごろ、新潟県上越市内にあるコンビニエンスストア駐車場で軽乗用車が暴走。店の建物に突っ込む事故が起きた。人的被害はなかった。床下にバッグを落とし、これが干渉してブレーキペダルが踏めなくなったとみられる。

新潟県警・上越署によると、現場は上越市頸城区付近にあるコンビニエンスストアの敷地内駐車場。軽乗用車は駐車スペースに前向きで進行していたが、止まることなく店の入口付近のガラスを突き破って建物内に進入した。

クルマは什器を押し倒して店内に進入したが、居合わせた客や従業員3人は離れた場所にいたために人的被害は無く、クルマに乗っていた3人も無事だった。警察では運転していた同市内に在住する78歳の男性から器物損壊などの容疑で事情を聞いている。

聴取に対して男性は「床に落としたバッグが挟まり、ブレーキペダルを踏めなかった」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品