【ボルボ V40 D4 R-デザイン 試乗】快適性とプラスαの俊足ぶり実感…島崎七生人 | レスポンス(Response.jp)

【ボルボ V40 D4 R-デザイン 試乗】快適性とプラスαの俊足ぶり実感…島崎七生人

試乗記 国産車

ボルボV40 D4 R-DESIGN
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN
“爽快スポーツフィール”がもともとの持ち味である『V40』。それに同社新世代のクリーンディーゼルと、ボルボにとって高性能の証でもある「R-デザイン」を組み合わせて仕立てられたモデルが試乗車だ。

何はともあれ試乗した印象は、なかなか、だった。個人的に予想以上だったのは“何気にとてもコンフォート”だったこと。とくに足回りは、18インチのミシュラン(Pilot Sport 3)を履き、スプリング、ダンパー、スタビライザー(リヤ)など全面的に強化策が施されている。が、実用前提でも決して不快感なし。そのうえでワインディングへ持ち込めば、スラッと気持ちよく切れ込むステアリングフィールが掌で楽しめる。

2リッターの4気筒ディーゼルターボも、8速ATとの組み合わせで存分に威力を発揮。アクセルレスポンスはシャープなほどだし、クルージング中の音や振動も上等なガソリンエンジンともはや同等だ。100km/hは8速で1500rpm、7速に落としても1800rpmほど。耳をすませばジュルルル…とディーゼル固有の小さな音がわかるが、総じてディーゼルであることなど忘れさせる。

試乗車はオプションの「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が組み込まれており、一層の俊足ぶりを発揮。中間加速の目覚ましさなど、D4の標準仕様に対するアドバンテージもしっかりと実感できた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品