香港航空、豪クイーンズランド州に向かう便を通年運航化へ…3月27日

航空 企業動向

香港航空は3月27日から豪クイーンズランド州(ゴールドコースト、ケアンズ)に向かう便を通年運航化する。

香港と豪州を結ぶ路線は1月に開設し、週3往復で季節運航を実施している。香港航空の幹部は「クイーンズランドが旅行者にとって素晴らしい目的地なのは間違いない。開設以来、凄まじい反響が届いている」と明かした。また、通年運航の実施について、豪政府関係機関の幹部は「我が国の観光業には非常に喜ばしい知らせだ」と述べている。

3月27日以降の便数は週2往復。フライトスケジュールは次の通り。火・土運航のHX015便は香港を21時50分に出発し、ゴールドコーストに翌日8時30分に到着。水・日運航のHX016便はゴールドコーストを10時に出発し、ケアンズに12時30分に到着。そしてケアンズを13時45分に出発し、香港に19時10分に到着する。
《日下部みずき》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品