事故で真っ二つのエンツォ フェラーリ、完全修復で高値落札…2億超え

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

エンツォ フェラーリの修復後
  • エンツォ フェラーリの修復後
  • エンツォ フェラーリの修復後
  • エンツォ フェラーリの修復前
イタリアの高級スポーツカーメーカー、フェラーリが2002年に発表した名車、『エンツォ フェラーリ』。事故で大破した同車が完全に修復され、オークションで高値落札された。

エンツォ フェラーリは、フェラーリ社の創業55周年を記念して2002年に誕生。ピニンファリーナの手による美しいボディのミッドシップに、6.0リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力660ps、最大トルク67kgm、最高速度350km/hオーバーという圧倒的スペックを実現していた。

ボディサイズは、全長4700×全幅2035×全高1150mm、ホイールベースは2650mm。2004年までに限定399台が生産された。日本にも約30台が上陸しており、新車価格は7850万円。しかし、現在ではその希少性から、1億円を超える価格で取り引きされている。

このエンツォ フェラーリの1台が2月3日、フランス・パリで開催されたRMオークションに出品された。実は、このエンツォ フェラーリ、2006年に米国で事故を起こし、大破していた車両。260km/hものスピードで走行していたために、車両が真っ二つに分かれるという大事故だった。

通常なら、全損扱いとなるところ。しかし、このエンツォ フェラーリ、フェラーリのイタリア本社に持ち込まれ、高度な技術によって完全に修復。ボディカラーこそ、赤から黒に全塗装されたが、2004年式のエンツォ フェラーリが新車のように甦った。

走行距離は2500km。フェラーリ本社が「オリジナル」と認定する鑑定書、「フェラーリ・クラシケ」が付帯することもあって、2月3日のRMオークションでは、価格が上昇。最終的に、156万8000ユーロ(約2億0500万円)の価格で落札されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【SUPER GT】レクサス LC500…来季は規則で速度抑制も、開発の永井氏「速くするのが仕事」

    【SUPER GT】レクサス LC500…来季は規則で速度抑制も、開発の永井氏「速くするのが仕事」

  2. 【SUPER GT】レクサスの17年GT500クラス新車は LC500 …鈴鹿で初公開

    【SUPER GT】レクサスの17年GT500クラス新車は LC500 …鈴鹿で初公開

  3. 【グッドウッド16】780馬力 インプレッサ がヒルクライム最速、マクラーレンP1 超えた

    【グッドウッド16】780馬力 インプレッサ がヒルクライム最速、マクラーレンP1 超えた

  4. 【SUPER GT】脇阪寿一監督らが鈴鹿で地域交流フットサル大会を実施

  5. 【新聞ウォッチ】全日空の「B787」、英ロールス・ロイス製エンジン不具合で350便欠航へ

  6. マクラーレンのPHVスーパーカー、P1 で通勤…日本人弁護士[動画]

  7. 【MotoGP 第15戦日本】事前PRイベントでバイクTV番組公開収録…9月11日 渋谷

  8. 【MotoGP 第15戦日本】今年は金曜日から! バイク芸人ら3日間の観戦を熱望!!

  9. 【新聞ウォッチ】運転中の「ポケモンGO」で国内初の死亡事故

  10. レクサスで行くネスレマッチプレーレクサス杯観戦ツアー、特別な3日間

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら