人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

タカタ第3四半期決算、最終黒字25億円…リコール費用負担金は予測困難で織り込めず

自動車 ビジネス 企業動向

タカタのエアバッグリコール対象となっているホンダ アコード(資料画像)
  • タカタのエアバッグリコール対象となっているホンダ アコード(資料画像)
タカタは2月5日、2015年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は5434億2300万円(前年同期比+15.7%)、営業利益は321億7500万円(+37.7%)、経常利益は293億6900万円(+5.8%)、四半期純利益は25億1900万円(前年同期は324億8200万円の赤字)だった。

売上高は、米州やアジア地域での増収が貢献して前年同期比15.7%の2ケタ増。営業利益も国内や欧州では減益となったが、主に米州、アジアで増益となり、32.8%の大幅増となった。経常利益は為替差損が影響して5.8%増。特別損失としてエアバッグ・リコール関連費用104億円、NHTSAへの民事制裁金等85億円などもあったが、最終損益は25億1900万円の黒字を確保した。

通期業績見通しについては、前回予測を据え置いた。なお、エアバッグ関連のリコール費用については、現時点では原因について調査中であり、タカタグループの負担金額などを合理的に見積ることは困難であるとし、織り込んでいない。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  2. 日産、グローバル生産・販売ともに過去最高を更新 2016年上半期実績

    日産、グローバル生産・販売ともに過去最高を更新 2016年上半期実績

  3. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

    スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  4. 【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

  5. 日産 セントラ、米国でリコール…エンジン停止のおそれ

  6. VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

  7. JR名古屋駅南に400台収容の立体駐車場---極東開発が建設

  8. ホンダ、世界生産台数が全半期を通じ過去最高を記録 2016年上半期実績

  9. マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

  10. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

アクセスランキングをもっと見る