ヤマハ発動機、YZF-R1 などでiFデザインアワードを3年連続受賞

モーターサイクル 企業動向

ヤマハ YZF-R1 (2015年海外向けモデル)
  • ヤマハ YZF-R1 (2015年海外向けモデル)
  • スマートフォンアプリ「Rev Translator」
ヤマハ発動機は、スーパースポーツ『YZF-R1』と、エンジン音を翻訳するアプリ「レヴ トランスレーター」が世界的デザイン賞である「iF デザインアワード」を受賞したと発表した。

YZF-R1はプロダクト部門、レヴ トランスレーターはコミュニケーション部門での受賞。同社にとってプロダクト部門は3年連続、コミュニケーション部門は初受賞となる。

YZF-R1は、MotoGPマシン「YZR-M1」の技術思想を体感できるサーキット最速のポテンシャルを備えるモデルとして開発した、スーパースポーツの新型フラッグシップモデル。デザインは、YZR-M1のイメージを投影するとともに「Speed Racer」をコンセプトにイノベーションを図り、新たなR-DNAを構築した。


レヴ トランスレーターは、世界初のエンジン音を翻訳するスマートフォン向けアプリ。翻訳キャラクターは性格別に6種類あり、セリフは1億通り以上の組み合わせ。エンジン音によって喜怒哀楽が表示され、時間や天気でもセリフが異なる。

iF デザインアワードは、ドイツ・ハノーファーを拠点とするデザイン振興を目的とした国際的組織「インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(iF)」が1953年から主催しているデザイン賞。毎年、全世界の工業製品等を対象に優れたデザインが選定されている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. バイク王、初心者・リターンライダー向けライディングスクールを開催

    バイク王、初心者・リターンライダー向けライディングスクールを開催

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

    【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  3. 軽二輪中古車販売、3.7%減の1万9076台で4か月連続マイナス…4月

    軽二輪中古車販売、3.7%減の1万9076台で4か月連続マイナス…4月

  4. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  5. ゴールデンボンバー、ホンダの原付イメージキャラ続投

  6. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  7. ホンダ PCXシリーズに特別カラーのスペシャルエディション…受注期間限定で発売

  8. ハーレー スポーツスターファミリーの新モデル「ロードスター」発売

  9. ヤマハ、125ccスクーター NMAX 発売…BLUE COREエンジンを国内初投入

  10. 台湾の二輪車メーカー「キムコ」が日本市場に参入…7モデルを投入

アクセスランキングをもっと見る