【大阪オートメッセ16】「クルマと音楽」のコラボ、SUPER GT 公式イベントにも注目

自動車 ビジネス 国内マーケット

No.15 ドラゴ モデューロ NSX COMCEPT GT
  • No.15 ドラゴ モデューロ NSX COMCEPT GT
  • No.46 S Road MOLA GT-R
  • No.37 KeePer TOM’S RC F
  • ソナーポケット
  • SCANDAL
  • 三戸なつめ
  • ET-KING
  • WHITE JAM
今年で20回目を迎える関西最大規模のカーイベント「大阪オートメッセ2016」が、2月12日から14日の3日間、インテックス大阪で開催される。国内自動車メーカー8社の出展をはじめ色とりどりのカスタムカーが並ぶのはもちろん、ファミリー向けアミューズメントやライフスタイルの提案、「クルマと音楽」のコラボレーションなど見どころは多い。

毎年恒例となったFM802によるスペシャルステージ「カスタマイズアリーナ」では、ソナーポケットや、ET-KING、SCANDALなど豪華アーティスト達が会場を盛り上げる。また、ソナーポケットとFM802とのコラボレーションにより、20周年を迎えた大阪オートメッセのテーマソング『走れ!』も生み出された。会場を訪れたなら聴き逃す手はなさそうだ。

12日にはSCANDAL(トーク出演のみ)、かりゆし58、DOBERMAN INFINIFTY、13日にはET-KING、青山テルマ、TEMPURA KIDZ、CREAM、WHITE JAM、14日にはソナーポケット、三戸なつめ、ベリーグッドマンがそれぞれステージを賑わせる。FM802のDJたちによる軽快なトークにも注目だ。

そして、モータースポーツとの親和性も高い大阪オートメッセならではの一大イベントが、国内最高峰のレースカテゴリーである「SUPER GT」とのコラボレーションによる「SUPER GT featuring OSAKA AUTOMESSE」だ。

2015年、熱い戦いを繰り広げたGTマシン、「No.37 KeePer TOM’S RC F」「No.46 S Road MOLA GT-R」そして「No.15 ドラゴ モデューロ NSX COMCEPT GT」の3台が来場者を迎えるほか、エンジン始動デモンストレーションもおこなわれる予定。どのクルマのエンジン音が聴けるかは「来場してのお楽しみ」だそうだ。

メインステージでのGTドライバー達によるトークショーやサイン会、キッズカートのほか、3号館のSUPER GTブースでは2015年のGT300チャンピオンマシンである「No.10 GAINER TANAX GT-R」の展示や各種イベントも用意。SUPER GTオフィシャルショップも展開し、2016年シーズンの開始を前にオフィシャルグッズの先行販売をおこなうなど、ファンにはたまらない機会となる。

大阪オートメッセ2016は、2月12日から14日の3日間、インテックス大阪で開催。入場料は当日2700円、前売2100円。保護者同伴の中学生以下は入場無料。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

    ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

  2. トヨタ RAV4 とレクサス HS、米国でリコール…サスペンションに不具合

    トヨタ RAV4 とレクサス HS、米国でリコール…サスペンションに不具合

  3. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

    マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  4. 日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

  5. 「こち亀ラッピングバス」、80分の1スケールで発売…葛飾で運行中

  6. 印タタ自、純利益は57%減 4‐6月期決算

  7. マツダ ロードスター 新型、先行受注予約したユーザーに贈る開発者の「感謝と思い」

  8. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  9. ヤマハ発の柳社長、アフリカ開発会議でスピーチ…漁船の開発、現地生産について

  10. 豊田合成、LED事業を強化…生産拠点を集約

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら