スバル富士重 高橋専務「先行きに悲観的なわけではない」

自動車 ビジネス 企業動向

富士重工業 高橋充 取締役専務執行役員
  • 富士重工業 高橋充 取締役専務執行役員
  • 富士重工業 決算会見
  • 富士重工業 決算会見
  • スバル インプレッサ(北米仕様)
  • スバル フォレスター
富士重工業の高橋充取締役専務執行役員は2月4日に都内で開いた決算会見で、スバル車の販売について「先行きに悲観的な見通しをもっているわけではない」との認識を示した。

高橋専務は「アメリカ、カナダの販売トレンドは我々も依然として手応えを感じている。日本は大変競争が厳しくて気は抜けないが、登録車についてもきちっとした商品と施策を打つことによって計画通り行けると思っている。海外のその他地域についてもアメリカほどの勢いではないが、我々の計画に対して順調に推移している。販売については中国、ロシア以外は大きな懸念はしていない」と述べた。

懸念材料としてあげた中国については「1.6リットル以下の小型車に税優遇策が打ち出されているが、スバルはそこに該当する車種がないことや、厳しい販売合戦にあえて参入せず、限られた生産能力をできるだけ収益性の高い米国や、国内の登録車などに振り向けることによって、アロケーション(割振り)はできるだけベストなものに再配置をした」と解説した。

富士重では足元の販売状況を受けて2015年度の販売計画を見直した。まず日本は登録車の販売を2100台上方修正する一方で、軽を900台下方修正した。海外では中国とロシア合わせて5000台引き下げたが、米国とカナダで6000台、豪州で400台積みました。この結果、15年度の販売計画は従来比で1800台上方修正の95万4800台とした。前年度との比較では4.8%の伸びを見込むことになる。
《小松哲也》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品