マツダ中間決算…CX-5 など国内外販売好調、営業益14.1%増

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ CX-5
  • マツダ CX-5
  • マツダ CX-3(参考画像)
マツダは2月4日、2015年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は2兆5477億円(前年同期比+16.1%)、営業利益は1733億円(+14.1%)、経常利益は1719億円(+7.2%)、四半期純利益は1234億円(-6.1%)だった。

第3四半期連結累計期間のグローバル販売台数は、『CX-5』の販売が引き続き好調だったことに加え、各市場での販売が本格化した新型『CX-3』の寄与などにより、前年同期比14.1%増の114万5000台となった。

市場別内訳は、国内が16万3000台(+14.7%)、北米が34万5000台(+7.9%)、欧州が18万3000台(+9.4%)、中国は17万7000台(+13.2%)、その他地域は27万7000台(+27.0%)だった。

売上高はSKYACTIV技術搭載車のグローバルでの販売拡大により、16.1%の増収となった。。営業利益は、出荷台数の増加や継続的なコスト改善等により14.1%の増益、経常利益は7.2%の増益。純利益は前年同期に関係会社事業損失引当金戻入額66億円を特別利益として計上していたことで、6.1%の減益となった。

通期連結業績見通しについては、前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  2. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

    法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  3. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

    燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  4. スズキ鈴木会長「不正を深くお詫びする」…燃費データ問題で、販売は継続

  5. スズキ、鈴木会長らが燃費データ問題で記者会見…国交省に詳細報告

  6. 「ミシュランガイド富山・石川2016特別版」発売前にウェブで先行公開

  7. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  8. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  9. ミシュランガイド富山・石川、日本料理「山崎」が三つ星獲得

  10. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

アクセスランキングをもっと見る