JAL、乗客の「ドクター登録制度」を開始…機内で迅速な応急対応

航空 企業動向

日本航空(JAL)は、日本医師会と2月から「JALドクター登録制度」を創設すると発表した。

制度は、機内で具合が悪くなった乗客に対し、いち早く応急措置を行うため、日本医師会発行の医師資格証を持つ医師に事前登録を要請するもので、国内航空会社では初の取り組みとなる。

医師資格が確認できる医師資格証(IC付きカード)の発行を開始した日本医師会は、安心・安全な航空旅客輸送をサポートすることを目的に、JALに登録制度の構築を提案し、今回の登録制度が実現した。

医師資格証を持つJALマイレージバンク会員を対象に、事前にJALホームページに登録してもらい、機内での急病人発生の際、登録している医師へ客室乗務員が直接声を掛けることで、より一層迅速な医療対応が可能になるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. JAL、新千歳空港に最上級ラウンジ「ダイヤモンド・プレミアムラウンジ」を新設

    JAL、新千歳空港に最上級ラウンジ「ダイヤモンド・プレミアムラウンジ」を新設

  2. ANA、「九州ふっこう割」活用で最大2万円のクーポン

    ANA、「九州ふっこう割」活用で最大2万円のクーポン

  3. ルフトハンザドイツ、短・中距離線でインターネット接続サービスを開始へ

    ルフトハンザドイツ、短・中距離線でインターネット接続サービスを開始へ

  4. 日本トランスオーシャン航空、名古屋=沖縄線に737-800型機導入…大型化

  5. ガルーダ・インドネシア航空、東京=デンパサール線の機材を変更へ…8月7日-10月17日

  6. ライアンエアー、欧州委員会にスト対策を求める…仏ストは13週で12度

  7. 関西国際空港、国際線が好調で航空機発着回数が11%増…5月

  8. タイプエス、上空気象観測用ドローンを10月に発売

  9. ガルーダ・インドネシア航空、「スーパーダイヤモンドシート」採用のA330を受領

  10. エミレーツ航空、ドバイ=ダカール線にB777-300ERを投入…9月2日から

アクセスランキングをもっと見る