トライアンフ、スピードトリプル をフルモデルチェンジ…新型エンジン採用

モーターサイクル 新型車

トライアンフ スピードトリプル
  • トライアンフ スピードトリプル
  • トライアンフ スピードトリプル
  • トライアンフ スピードトリプル
  • トライアンフ スピードトリプルS
  • トライアンフ スピードトリプルR
  • トライアンフ スピードトリプル
  • トライアンフ スピードトリプル
  • トライアンフ スピードトリプル
トライアンフモーターサイクルズジャパンは、ストリートファイター『スピードトリプル』をフルモデルチェンジ。3月下旬からトライアンフ正規販売店へのデリバリーを開始する。

新型スピードトリプルは、最高出力を140psに高めた新開発の1050cc 3気筒エンジンを搭載。ピストンやクランクシャフトをはじめ、104か所におよぶ開発・改良が加えられ、優れたパフォーマンスを発揮する。

ドライブトレーンでは、ギアリンケージやジオメトリーを変更したバランサーギアに加え、新たにスリップアシストクラッチを装備。ギアチェンジの際、小さなレバー操作で確実で素早いシフトチェンジが可能となった。

また、ライドバイワイヤースロットルシステムを採用。「Rain」「Road」「Sport」「Truck」に加え、スロットルプログラム、ABS、トラクションコントロールのプリセットを自由に組み合わせ可能な「ライダー設定モード」を選択できる。

外観では、新設計のフライスクリーンを従来より低い位置に設置。独特のデザインのインテークダクトと統合された新スタイルのヘッドライトとともに、アグレッシブなスタイリングを創り出している。

価格はスピードトリプルSが145万円、カーボンファイバー製ボディパネルやオーリンズサス装着の上位モデル スピードトリプルRが161万5000円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

    川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

  2. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

    バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  3. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

    電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  4. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  5. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  6. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  7. 二輪車ETC購入助成、募集期間前半で締め切りの勢い

  8. 【ホンダ CTX1300 試乗】クルーザーの新境地を開拓、V4エンジンの“スポーツクルーザー”…和歌山利宏

  9. カワサキ Ninja H2R、斬新かつ機能的デザインで「発明賞」

  10. バイカーズステーションSOX 浜松南店、7月1日オープン…静岡県内初

アクセスランキングをもっと見る