【スバル XV 試乗】さわやか&コンフォートな持ち味の魅力…島崎七生人

試乗記 国産車

スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
新色の“ハイパーブルー”は、クッキリとしていながら、さわやかで好感がもてる。オレンジや最初のハイブリッドのグリーン、定番色のデザートカーキなども味わいがあり、『XV』のカラーデザインは、国産車の中でも屈指のセンスのよさだ。

小改良を受けた最新モデルは、僅かなフェイスリフトだが表情がこなれた。またホイールも従来型の星型にヒネリを加え、まさしく軽やかにスキップするような足元になった。ボディ色といい、デザインといい、いかにも「乗ると楽しいですよ」とアピールしているようなルックスは、このクルマの魅力のひとつだ。

舗装路の一般道を試乗して、シャシー系の剛性があがったせいか、ステアリングの操舵力がやや軽くなったように感じた。けれど音・振動が確かに低くなったのは実感でき、乗り味もスムースさが増した。コンパクトで運転のしやすさはそのままに、よりコンフォート性が高められたといえる。

CVTが組み合わせられる2リットル水平対向エンジンの性能は、もちろん十分。アクセルを深く踏み込まずとも、軽やかな加速を示す。定評のアイサイト(ver.3)はもとより、後側方警戒支援機能などを含む「アドバンスドセーフティパッケージ」の設定、全車速追従機能付きクルーズコントロールなど、安全・安心をサポートしてくれる機能の充実も見逃せない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【DS 4 クロスバック 試乗】都会で輝くクロスオーバー、気になるのは後席乗降性…青山尚暉

    【DS 4 クロスバック 試乗】都会で輝くクロスオーバー、気になるのは後席乗降性…青山尚暉

  2. 【ボルボ XC90 T8 試乗】T6プラス100万円、プラグイン7シーターという価値…井元康一郎

    【ボルボ XC90 T8 試乗】T6プラス100万円、プラグイン7シーターという価値…井元康一郎

  3. 【DS 3 試乗】走り軽快爽快な末っ子“カップルズカー”…青山尚暉

    【DS 3 試乗】走り軽快爽快な末っ子“カップルズカー”…青山尚暉

  4. 【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 後編】ニッチ過ぎる立ち位置、ライバルは「レヴォーグ」か…井元康一郎

  5. 【アウディ A4アバント 試乗】こなれた走りは乗用車の王道…島崎七生人

  6. 【ホンダ シャトル ハイブリッド 試乗】走り、内装の質感でオススメは「ハイブリッドX」…青山尚暉

  7. 【マツダ アクセラ 3200km試乗 後編】“萌え要素”があれば、まだまだ面白くなる…井元康一郎

  8. 【トヨタ パッソ 試乗】真面目さが伝わるスペック、仕上がり…島崎七生人

  9. 【メルセデス CLS 試乗】驚異的燃費に唖然。ディーゼル人気ますます上昇か…中村孝仁

  10. 【トヨタ ランドクルーザー70 試乗】面白がって買うとイタイ目を見る、マニアックな一台…松下宏

アクセスランキングをもっと見る