【スバル XV 試乗】さわやか&コンフォートな持ち味の魅力…島崎七生人

試乗記 国産車

スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
新色の“ハイパーブルー”は、クッキリとしていながら、さわやかで好感がもてる。オレンジや最初のハイブリッドのグリーン、定番色のデザートカーキなども味わいがあり、『XV』のカラーデザインは、国産車の中でも屈指のセンスのよさだ。

小改良を受けた最新モデルは、僅かなフェイスリフトだが表情がこなれた。またホイールも従来型の星型にヒネリを加え、まさしく軽やかにスキップするような足元になった。ボディ色といい、デザインといい、いかにも「乗ると楽しいですよ」とアピールしているようなルックスは、このクルマの魅力のひとつだ。

舗装路の一般道を試乗して、シャシー系の剛性があがったせいか、ステアリングの操舵力がやや軽くなったように感じた。けれど音・振動が確かに低くなったのは実感でき、乗り味もスムースさが増した。コンパクトで運転のしやすさはそのままに、よりコンフォート性が高められたといえる。

CVTが組み合わせられる2リットル水平対向エンジンの性能は、もちろん十分。アクセルを深く踏み込まずとも、軽やかな加速を示す。定評のアイサイト(ver.3)はもとより、後側方警戒支援機能などを含む「アドバンスドセーフティパッケージ」の設定、全車速追従機能付きクルーズコントロールなど、安全・安心をサポートしてくれる機能の充実も見逃せない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品