【スバル XV 試乗】さわやか&コンフォートな持ち味の魅力…島崎七生人

試乗記 国産車

スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
  • スバルXV 2.0i-L EyeSight
新色の“ハイパーブルー”は、クッキリとしていながら、さわやかで好感がもてる。オレンジや最初のハイブリッドのグリーン、定番色のデザートカーキなども味わいがあり、『XV』のカラーデザインは、国産車の中でも屈指のセンスのよさだ。

小改良を受けた最新モデルは、僅かなフェイスリフトだが表情がこなれた。またホイールも従来型の星型にヒネリを加え、まさしく軽やかにスキップするような足元になった。ボディ色といい、デザインといい、いかにも「乗ると楽しいですよ」とアピールしているようなルックスは、このクルマの魅力のひとつだ。

舗装路の一般道を試乗して、シャシー系の剛性があがったせいか、ステアリングの操舵力がやや軽くなったように感じた。けれど音・振動が確かに低くなったのは実感でき、乗り味もスムースさが増した。コンパクトで運転のしやすさはそのままに、よりコンフォート性が高められたといえる。

CVTが組み合わせられる2リットル水平対向エンジンの性能は、もちろん十分。アクセルを深く踏み込まずとも、軽やかな加速を示す。定評のアイサイト(ver.3)はもとより、後側方警戒支援機能などを含む「アドバンスドセーフティパッケージ」の設定、全車速追従機能付きクルーズコントロールなど、安全・安心をサポートしてくれる機能の充実も見逃せない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【トヨタ エスティマ 試乗】10年も経ったらフルモデルチェンジが当然…松下宏

    【トヨタ エスティマ 試乗】10年も経ったらフルモデルチェンジが当然…松下宏

  2. 【プジョー308 ディーゼル 試乗】スムーズにしてトルクフル、時代にマッチした1.6ディーゼル…諸星陽一

    【プジョー308 ディーゼル 試乗】スムーズにしてトルクフル、時代にマッチした1.6ディーゼル…諸星陽一

  3. 【マツダ アクセラ 試乗】「気がつかないけれど、効いている」人馬一体への進化…高山正寛

    【マツダ アクセラ 試乗】「気がつかないけれど、効いている」人馬一体への進化…高山正寛

  4. 【レクサス LX 試乗】何とも古くさい乗り心地は価格に見合うのか…松下宏

  5. 【メルセデスベンツ Eクラス 試乗】 世界最高の先進技術満載は間違いないのだけど…中村孝仁

  6. 【マツダ CX-3 試乗】すでに購入してしまった人に、マツダの代わりに謝りたい…岩貞るみこ

  7. 【マツダ アクセラ 試乗】同乗者に絶対喜ばれる「Gベクタリングコントロール」…会田肇

  8. 【ルノー カングー 6MT 試乗】このスノッブさは初代オーナー向き!?…島崎七生人

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一

  10. 【日産 GT-R 2017モデル 試乗】開発陣の思いでこうも変化するものか…桂伸一

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら