バットマン、スーパーマンが豆まき…増上寺で「正義」アピール | レスポンス(Response.jp)

バットマン、スーパーマンが豆まき…増上寺で「正義」アピール

エンターテインメント 映画・ドラマ・映像作品

バットマン、スーパーマンが「豆まき」 増上寺「節分追儺式」で正義をアピール
  • バットマン、スーパーマンが「豆まき」 増上寺「節分追儺式」で正義をアピール
  • バットマン、スーパーマンが「豆まき」 増上寺「節分追儺式」で正義をアピール
  • バットマン、スーパーマンが「豆まき」 増上寺「節分追儺式」で正義をアピール
  • バットマン、スーパーマンが「豆まき」 増上寺「節分追儺式」で正義をアピール
2月3日、米国のスーパーヒーローを代表するバットマンとスーパーマンが日本の伝統行事に参加、自らの正義をアピールした。二人が、東京港区芝の増上寺で実施された「節分追儺式」に姿を見せた。
「節分追儺式」は、600年を超える歴史を誇る増上寺のなかでもとりわけ重要な行事のひとつになっている。毎年、特設舞台に多くの著名人があがり、豆をまく姿でお馴染みだ。2016年には5000人以上もの観客が訪れた。

バットマンとスーパーマンの姿は、そのなかでもとりわけ異彩を放っていた。豆まきのスタートに合わせて会場では、本年、登壇する中村玉緒や安藤美姫らの有名人の名前が次々に読みあげられたが、「バットマン」と「スーパーマン」の名前が登場すると会場からそれまでと違ったどよめきで沸いた。
一体、何が起こるのかと待つ観客の前に姿を見せたのが、あたかも映画から抜け出したようなバットマンとスーパーマンである。意外なゲストの登場に、会場はいっきに盛り上がった。

しかし、正義の味方であるはずの二人だが、その雰囲気はただならぬ気配だ。両者はにらみ合い火花花を散らす。升を握る手にも力が入る。
それもそのはずで、2016年3月25日に日米同時公開する『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』では、自らの正義を掲げて両者が激突する。図らずも増上寺が、その前哨戦となった。
その後は有名人たちに交じり和やかな豆まきとなり、福招きに参加。正義の味方らしい、縁起のよい一日となった。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は、2016年春に公開される超大作映画である。タイトルに含まれる「ジャスティス」の言葉は、DCコミックの世界に広がる「ジャスティスリーグ」との関係も期待させる。
また2020年に向けて10作品が用意されているともされるDCコミック原作のスタートも飾るだけに、期待の1本と言っていいだろう。バットマンとスーパーマンの二大ヒーローはいかにして対立することになったのか、そして一体どんな運命を迎えるのか、その結果が2016年3月劇場で確認できる。

3月25日(金) 公開
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

バットマン、スーパーマンが「豆まき」 増上寺「節分追儺式」で正義をアピール

《animeanime》

特集

おすすめの商品