ZMP、高精度位置計測システムの最新ソフトをリリース…車両走行実験などで活用可能

自動車 ビジネス 国内マーケット

ZMPは2月3日、センチオーダーの位置計測が可能な高精度位置計測システムの最新ソフトウェアをリリースした。

ZMPの高精度位置計測システムは、GPSとGLONASSに対応。基準局から送信された補正観測データと移動局で取得したデータから座標値を計算するRTK(リアルタイムキネマティック)により、センチオーダーの高精度位置計測が可能。システムには、フィールド内に固定する基準局と、車両等に搭載する移動局、アンテナや補正信号送受信機およびビューワアプリケーションなどのソフトウェアが含まれる。

今回新たにリリースするソフトウェアでは、衛星の捕捉状況に加えて無線(Zigbee)によるRTK補正データの取得状況をリアルタイムで表示できるようになり、計測環境の調査・構築をスムーズに行うことができる。また、計測データを地図(オープンストリートマップ)上へ重畳表示させたり、三次元表示を行うビューワも付属する。

さらに、RTKのための補正データは無線(Zigbee)による配信と新たにAndroid端末を利用したインターネット経由での配信にも対応。実験環境に応じて柔軟なシステムが構築でき、テストコース内での車両走行実験や、農機・建機・移動ロボットなど、移動体の高精度位置計測システムなどで活用できる。

価格(税別)は210万円より。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品