2017年は日食が2回、月食が1回…国立天文台が暦要項を公表

宇宙 エンタメ・イベント

皆既日食(参考画像)
  • 皆既日食(参考画像)
  • 2017年の朔弦望
  • 2017年の日食・月食
国立天文台は、「2017年暦要項」を発表した。

国立天文台では、毎年2月の最初の官報で翌年の暦要項を発表している。暦要項には、国立天文台で推算した、翌年の国民の祝日、日曜表、二十四節気、雑節、朔弦望、東京の日出入、日食・月食などを掲載している。

2017年には日食が2回、月食が1回ある。2月26日から27日にかけて金環日食があるものの、日本では見ることができない。

また、8月8日には部分月食があり、日本全国で部分食を見ることができる。8月22日には皆既日食があるが、日本では見ることができない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. アポロ11号指令船「コロンビア」の高解像度3Dスキャンデータを作成

    アポロ11号指令船「コロンビア」の高解像度3Dスキャンデータを作成

  2. アルマ望遠鏡の観測提案の審査を終了…1571件の応募

    アルマ望遠鏡の観測提案の審査を終了…1571件の応募

  3. スペースX、スカパーJSATの通信衛星JCSAT-16の打ち上げ成功

    スペースX、スカパーJSATの通信衛星JCSAT-16の打ち上げ成功

  4. ISS補給機「こうのとり」6号機の打ち上げ延期…配管に不具合

  5. JAXA、小惑星探査機「はやぶさ2」の地球スイングバイが成功…目標軌道を航行

  6. 人工衛星の愛称を募集---静岡大学が今夏以降に打ち上げ

  7. 内閣府、準天頂衛星「みちびき」初号機の後継機を開発へ

  8. JAXA 光学地球観測衛星と光通信衛星をコラボ運用…2019年打ち上げを目指す

  9. 「はやぶさ2」の光学航法望遠カメラで火星を撮影

  10. 火星と地球の距離が7528万km、11年ぶりに最接近…5月31日

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら