2017年は日食が2回、月食が1回…国立天文台が暦要項を公表

宇宙 エンタメ・イベント

皆既日食(参考画像)
  • 皆既日食(参考画像)
  • 2017年の朔弦望
  • 2017年の日食・月食
国立天文台は、「2017年暦要項」を発表した。

国立天文台では、毎年2月の最初の官報で翌年の暦要項を発表している。暦要項には、国立天文台で推算した、翌年の国民の祝日、日曜表、二十四節気、雑節、朔弦望、東京の日出入、日食・月食などを掲載している。

2017年には日食が2回、月食が1回ある。2月26日から27日にかけて金環日食があるものの、日本では見ることができない。

また、8月8日には部分月食があり、日本全国で部分食を見ることができる。8月22日には皆既日食があるが、日本では見ることができない。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品