【キャンピングカーショー16】泊まれるクルマ、遊べるクルマ300台が集結…2月11-14日

自動車 ビジネス 国内マーケット

ジャパン キャンピングカーショー(イメージ)
  • ジャパン キャンピングカーショー(イメージ)
  • ジャパン キャンピングカーショー(イメージ)
  • ジャパン キャンピングカーショー(イメージ)
  • ジャパン キャンピングカーショー(イメージ)
  • ジャパン キャンピングカーショー(イメージ)
  • 第4回キャンピングカー・アワード授賞者のテリー伊藤氏
2月11日から14日の4日間、約300台のキャンピングカーが展示される「ジャパン キャンピングカーショー2016」が幕張メッセにて開催される。

今年のキャンピングカーショーのテーマは「泊まれるクルマ、遊べるクルマを一堂に」。「車中泊」への装備を充実させた新型キャンピングカーが続々登場する。さらに一般車でも快適な車中泊が楽しめる装備品やアウトドアグッズを紹介するほか、初めてキャンピングカーを楽しむ人向けの「レンタカーコーナー」や「オートローン・自動車保険」など、様々なキャンピングカーライフの選択肢を提供する。

また今年は、「車中泊アウトドアゾーン」や「ペット旅ゾーン」など、個々の趣味にあわせた目的別のキャンピングカーや関連グッズなどをわかりやすくゾーニングし、多様化するニーズに応える様々な工夫もなされている。

なお、初日10時より行われる開会式では、キャンピングカー好きの著名人に贈られる第4回キャンピングカー・アワード授賞式を開催。今年の受賞者であるテリー伊藤氏も来場する。

前売りチケットは、高校生以上800円、小・中学生400円、公式ガイドブック付入場券1200円で発売中。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品