グーグル「スマホサイト瞬速表示プロジェクト」が日本語に対応 | レスポンス(Response.jp)

グーグル「スマホサイト瞬速表示プロジェクト」が日本語に対応

エンターテインメント 話題

AMPを活用したサイトは高速に表示される(イメージ)
  • AMPを活用したサイトは高速に表示される(イメージ)
  • 今後は、Googleの検索結果からAMPページが表示される(イメージ)
 グーグルは1月29日、「Accelerated Mobile Pages」プロジェクトの導入ガイドの日本語版を公開した。さまざまな種類・性能のスマートフォンにおいて、どのような機種でも「コンテンツが瞬時に表示される」ことを目指している。

 「Accelerated Mobile Pages」(AMP)は、モバイルウェブの表示を飛躍的に向上させることを目指すプロジェクトとして2015年10月よりスタート。オープンソースとして進んでおり、動画、アニメーション、美グラフィックス表現、スマートな広告が、共存しつつ瞬時に表示されることを目指している。同じコードが複数のプラットフォームやデバイスで動作するとのこと。今後は、Googleの検索結果からAMPページが表示される予定だ。

 New York Times、BBCなどの海外企業をはじめ、国内では朝日新聞、産経新聞、日刊スポーツ、毎日新聞、イード、マイナビニュース、BLOGOS、Ameba、LINEなどのメディアやサービスがAMPへの対応を進めている。

 今回公開された導入ガイドの日本語版はPDFファイルとなっており、誰でもダウンロード可能。技術資料等も順次公開されており、安定版の仕様書などはAMPプロジェクト公式ページ内で参照可能。

グーグル、“スマホサイト瞬速表示プロジェクト”の日本語ガイドを公開

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品