【MotoGP】ケーシー・ストーナー、古巣ドゥカティのテストライダーに就任

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

今年からドゥカティのテストライダーを務めるストーナー
  • 今年からドゥカティのテストライダーを務めるストーナー
  • 今年からドゥカティのテストライダーを務めるストーナー
  • 今年からドゥカティのテストライダーを務めるストーナー
  • 今年からドゥカティのテストライダーを務めるストーナー
  • 今年からドゥカティのテストライダーを務めるストーナー
  • 今年からドゥカティのテストライダーを務めるストーナー
  • 今年からドゥカティのテストライダーを務めるストーナー
2016年のMotoGP合同テストが行なわれているマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットに元MotoGP王者のケーシー・ストーナーが登場。今年から就任したドゥカティのテストライダーとしての活動を開始した。

ストーナーは2007年と2011年に2輪の世界最高峰クラスであるMotoGPでチャンピオンを獲得。これから絶頂期と注目を集めたが、2012年いっぱいをもって引退を発表。その後はホンダのテストライダーとしてバイクに携わるもののレースに参戦する機会はなかった。

しかし昨年、ホンダからの誘いもあり自身の夢でもあったコカ・コーラ ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレースにMuSASHi RT HARC PROから参戦。トップ10トライアルでは1周勝負というプレッシャーがかかる中で見事なライディングを披露し、予選3番手につけた。

決勝も1時間を経過してトップに立っていたが、自身は乗るパートでまさかの転倒。そのままリタイアを余儀なくされ、ストーナー自身も右肩甲骨と左足の脛骨を骨折。不完全燃焼で鈴鹿を後にすることになった。

その後は順調に回復したストーナー。昨年12月でHRC(ホンダ)とのテストライダー契約満了を受け、同社での契約にも一区切り。今年は彼が初めてMotoGPチャンピオンを獲得したドゥカティでテストライダー契約を結んだ。

実質的に初仕事となる今回のセパンテスト。公式テスト前にはレギュラーライダーより一足早く現地入りし、15年型の『デスモセディチ』でテスト走行を行なった。そして、テスト2日目もドゥカティのマシンに乗りコースイン。45周を走破し、ベストタイムは2分01秒103をマークする。鈴鹿8耐から本格走行はブランクが空いていたにも関わらず、いきなりトップから1秒差の9番手タイム。彼のポテンシャルの高さが感じられる1日となった。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

    【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  2. 女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

    女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

  3. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、5号車ストップの原因はターボ吸気ダクトの不具合

    【ルマン24時間 2016】トヨタ、5号車ストップの原因はターボ吸気ダクトの不具合

  4. 超絶テク披露の試乗女子「実はドリフト走行、初めてです」

  5. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、逸勝トラブルの真因究明中…今季WEC王座戦線のカギは信頼性か

  6. NASCARやUSキャンパーの雰囲気で、塊肉を喰らう! 東京にアメリカ都市型BBQ

  7. 【新聞ウォッチ】米JDパワーのブランド別品質調査「トヨタ」4位に躍進、「ニッサン」もトップテン入り

  8. 【石和温泉郷クラシックカーフェス16】ライフルラック付! のホンダハンターカブ

  9. 【ルマン24時間 2016】メルセデス AMG、「心はトヨタにある」

  10. レースクイーンオブザイヤー早瀬あや…蔵出し写真50枚

アクセスランキングをもっと見る