ボーイング新型単通路機プログラムは順調…737MAX8初飛行が成功

航空 企業動向

ボーイングは1月29日、737MAX8初号機がレントン空港(ワシントン州)を9時46分に離陸、シアトルのボーイングフィールドに12時33分に着陸し、初飛行に成功したと発表した。

同社が「効率性、信頼性、客室快適性に最も優れる単通路機」と表現する737MAX8は、機体軽量化、新型LEAP-1Bエンジン装備、特徴的なATウィングレット採用により、競合するエアバスA320neoと比較して1座席当たり8%の運航コスト削減を実現。航続距離は6500km以上。737MAX8は737MAXファミリー1番目の機種で、他にMAX7、MAX200、MAX9がある。

737MAXプログラムは、初飛行成功により、一連の飛行試験、型式証明取得、納入に向けて順調に進行中。飛行試験機2・3・4号機は現在、最終組み立て作業の段階にある。737MAX8の納入時期は、同社創立から101年目の来年第3四半期を予定。ローンチカスタマーはサウスウエスト航空。なお、737MAXファミリーは62のカスタマーから合計3072機を受注している。
《日下部みずき》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品