ANA、訪日需要増加と燃料コスト下落で経常利益が過去最高…2015年4-12月期決算

航空 企業動向

ANAホールディングスが発表した2015年4-12月期(第3四半期)は、経常利益が前年同期比50.5%増の1121億円と過去最高益となった。

売上高はネットワークを拡充して国際競争力を強化した国際線旅客事業を中心に、日本発需要、訪日需要、北米=アジア間の乗り継ぎ需要を幅広く取り込んだことから同5.5%増の1兆3690億円と増収となった。

収益では、増収や燃料コストの下落、コスト削減などの効果もあって営業利益は同30.8%増の1167億円と大幅増益となった。四半期純利益は同40.0%増の733億円となった。

通期業績見通しは、航空事業における貨物収入の伸び悩みや、旅行事業で欧州におけるテロの影響を受けた取扱高の減少があったものの、航空事業での国際線旅客収入が堅調に推移していることから据え置いた。

営業利益は、燃料油を中心としたコスト削減効果で前回予想より100億円増の1250億円、経常利益が200億円増の1100億円、純利益が130億円増の650億円に上方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. エア・カナダ、トロント=アボッツフォード線の季節運航を再開

    エア・カナダ、トロント=アボッツフォード線の季節運航を再開

  2. 東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

    東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

  3. ボンバルディア、CRJ900型機10機の受注が確定…顧客名は非公表

    ボンバルディア、CRJ900型機10機の受注が確定…顧客名は非公表

  4. KLMオランダ航空、アムステルダム=ダブリン線を新規開設へ…10月30日から

  5. 24年ぶりの直行便就航…エア・セルビアがベオグラード=ニューヨーク線を開設

  6. JAL、カープファン向けイベント「JALナイター」を開催…木製コックピットを展示

  7. A350 XWB と B787、次世代中型機のコックピットを比較してみた[写真蔵]

  8. 【春休み】晴れた日には名古屋空港でMRJが見られる?

  9. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  10. JAL、客室乗務員が「最高の笑顔」のデジタル化に協力

アクセスランキングをもっと見る