人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ANA、訪日需要増加と燃料コスト下落で経常利益が過去最高…2015年4-12月期決算

航空 企業動向

ANAホールディングスが発表した2015年4-12月期(第3四半期)は、経常利益が前年同期比50.5%増の1121億円と過去最高益となった。

売上高はネットワークを拡充して国際競争力を強化した国際線旅客事業を中心に、日本発需要、訪日需要、北米=アジア間の乗り継ぎ需要を幅広く取り込んだことから同5.5%増の1兆3690億円と増収となった。

収益では、増収や燃料コストの下落、コスト削減などの効果もあって営業利益は同30.8%増の1167億円と大幅増益となった。四半期純利益は同40.0%増の733億円となった。

通期業績見通しは、航空事業における貨物収入の伸び悩みや、旅行事業で欧州におけるテロの影響を受けた取扱高の減少があったものの、航空事業での国際線旅客収入が堅調に推移していることから据え置いた。

営業利益は、燃料油を中心としたコスト削減効果で前回予想より100億円増の1250億円、経常利益が200億円増の1100億円、純利益が130億円増の650億円に上方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 【レッドブル・エアレース 第5戦】室屋義秀、パイロンヒットでファイナル4進出ならず

    【レッドブル・エアレース 第5戦】室屋義秀、パイロンヒットでファイナル4進出ならず

  2. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

    リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  3. 2020東京五輪に向け、3棟のホテル…羽田空港第2ゾーン開発[フォトレポート]

    2020東京五輪に向け、3棟のホテル…羽田空港第2ゾーン開発[フォトレポート]

  4. 三菱航空機 MRJ、試験飛行領域を設計スペックまで拡大…マッハ0.78

  5. ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

  6. タイガーエア・オーストラリア、メルボルン=キャンベラ線を開設 12月8日

  7. アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

  8. TAPポルトガル航空、リスボン=ビサウ線を再開 12月1日から

  9. ピーチ、乗客からの問い合わせに人工知能が対応

  10. 2017年ANAカレンダーの予約受付、「塗り絵カレンダー」が登場

アクセスランキングをもっと見る