「だいち2号」による全球森林マップを無償公開、温暖対策に活用,…JAXA

宇宙 科学

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2014年5月24日に打上げた「だいち2号」(ALOS-2)を用いて全球25m分解能の全球森林マップを開発し無償で公開した。

昨年、パリで開催されたCOP21で掲げられた温暖化抑制の目標を達成するためには、CO2の重要な吸収源である森林を地球規模で把握・保全することが求められている。この課題に応えるため、JAXAでは国際協力機構(JICA)と協力して2016年度から「森林変化検出システム」を構築する。

全球森林マップのデータは、同システムの基本情報としても使用される予定。

高い感度と分解能を有する「だいち2号」搭載Lバンド合成開口レーダ(PALSAR-2)は、森林の有無や森林の土地利用状況などの観測に適した長い波長(約24cm)の電波を用いており、天候や昼夜によらず観測ができるため、1年の多くが曇で覆われる熱帯域での森林観測に適している。

JAXAでは、先代の「だいち」(ALOS)搭載のPALSARを用いて、2007年から2010年までの間、森林面積の観測画像を提供し、これらの画像はブラジル政府機関によるアマゾンの熱帯雨林における違法伐採監視のためなどに利用されてきた。しかし、2011年に「だいち」の運用が終了したことにより、それ以降は同衛星による監視を行うことができなかった。

JAXAでは、森林分布の把握を通じて地球温暖化対策に貢献するため、今後「だいち2号」による全球森林マップを年1回の頻度で提供する予定。このデータにより、森林の空間的・時間的変化から全世界の場所ごとの森林の減少・増大の傾向を把握することができるため、各国の政府機関により、どの地域を重点的に監視・保全していくなど、森林保全計画に利用されることを見込んでいる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

    JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

  2. 準天頂衛星を使い農作業…自律走行型ロボットトラクターで実証実験

    準天頂衛星を使い農作業…自律走行型ロボットトラクターで実証実験

  3. 商用で世界最高解像度の地球観測衛星「WorldView-3」打ち上げ成功

    商用で世界最高解像度の地球観測衛星「WorldView-3」打ち上げ成功

  4. 先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

  5. 宇宙空間でのタンパク質結晶化実験、7割が解析可能…JAXA

  6. 国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

  7. 防衛省、Xバンド防衛通信衛星3号機用中継器や宇宙監視システムを整備…2016年度

  8. ドローンと人工衛星の機能を併せ持つ『成層圏バス』構想 タレス・アレニア・スペースが発表

  9. X線天文衛星「ひとみ」、分離するまでの推定メカニズムを公表…回転していると誤って自己判断

  10. JAXA、「革新的衛星技術実証1号機」のテーマを12件選定

アクセスランキングをもっと見る