【JCCAニューイヤーミーティング16】恒例の旧車イベント40回目むかえる…コンクール・デレガンスは三菱テーマに

自動車 ビジネス 国内マーケット

JCCAニューイヤーミーティング16
  • JCCAニューイヤーミーティング16
  • JCCAニューイヤーミーティング16
  • JCCAニューイヤーミーティング16
  • JCCAニューイヤーミーティング16
  • JCCAニューイヤーミーティング16
  • JCCAニューイヤーミーティング16
  • JCCAニューイヤーミーティング16
  • JCCAニューイヤーミーティング16
1月31日、東京都江東区の青海臨時駐車場特設会場で、新春の恒例となっている旧車のイベント「JCCAクラシックカーフェスティバル ニューイヤーミーティング」が開催された。主催は日本クラシックカー協会(JCCA)。

昨年からまたお台場に戻った老舗のイベントは、今回で40回目を数えた。天候が危ぶまれたが、この日は快晴に恵まれて気温も上がり、参加者やギャラリーにとって過ごしやすいコンディションとなった。

参加資格は1979年までに生産された車両及び同型車、クラブスタンドは1989年まで。フリーマーケットを含め200台の個人出展に、78のクラブスタンド、38のプロショップによるオートジャンブルが並び、あちこちで歓談の輪ができた。

また今年のコンクール・デレガンスのテーマカーは三菱車とあって、『ギャランGTO』や『ギャランFTO』『ミニカ』などが大集結した。更に三菱自動車所有の『コルト1000T』と『三菱500』も特別展示。その希少な個体に来場者の注目が集まっていた。
《嶽宮 三郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

    法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  2. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

    燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  3. 爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

    爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

  4. スズキ燃費データ問題…鈴木修会長、報告書を握りしめて詫びる

  5. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  6. スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

  7. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  8. 日系自動車メーカーの海外生産、7年連続増加の1830万台…2015年度

  9. スズキ鈴木会長「不正を深くお詫びする」…燃費データ問題で、販売は継続

  10. マツダ アクセラ、累計生産500万台を達成…12年10か月は同社最短記録

アクセスランキングをもっと見る