【JCCAニューイヤーミーティング16】恒例の旧車イベント40回目むかえる…コンクール・デレガンスは三菱テーマに

自動車 ビジネス 国内マーケット

JCCAニューイヤーミーティング16
  • JCCAニューイヤーミーティング16
  • JCCAニューイヤーミーティング16
  • JCCAニューイヤーミーティング16
  • JCCAニューイヤーミーティング16
  • JCCAニューイヤーミーティング16
  • JCCAニューイヤーミーティング16
  • JCCAニューイヤーミーティング16
  • JCCAニューイヤーミーティング16
1月31日、東京都江東区の青海臨時駐車場特設会場で、新春の恒例となっている旧車のイベント「JCCAクラシックカーフェスティバル ニューイヤーミーティング」が開催された。主催は日本クラシックカー協会(JCCA)。

昨年からまたお台場に戻った老舗のイベントは、今回で40回目を数えた。天候が危ぶまれたが、この日は快晴に恵まれて気温も上がり、参加者やギャラリーにとって過ごしやすいコンディションとなった。

参加資格は1979年までに生産された車両及び同型車、クラブスタンドは1989年まで。フリーマーケットを含め200台の個人出展に、78のクラブスタンド、38のプロショップによるオートジャンブルが並び、あちこちで歓談の輪ができた。

また今年のコンクール・デレガンスのテーマカーは三菱車とあって、『ギャランGTO』や『ギャランFTO』『ミニカ』などが大集結した。更に三菱自動車所有の『コルト1000T』と『三菱500』も特別展示。その希少な個体に来場者の注目が集まっていた。
《嶽宮 三郎》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品