人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

JAL、燃料コスト下落などで営業利益が過去最高益…2015年4-12月期決算

航空 企業動向

日本航空(JAL)が発表した2015年4-12月期(第3四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比23.0%増の8533億円と過去最高益となった。

売上高は同0.1%増の1兆0234億円と横ばいだった。国際線旅客は、北米、中国、東南アジア線を中心として旺盛な訪日需要を取り込んだことで、国際線旅客数は伸びた。国際線供給は有効座席キロベースで同1.1%増、需要が有償旅客キロベースで同6.1%増となり、有償座席利用率は3.7ポイントアップの79.1%となった。ただ、国際線旅客収入は横ばいだった。

国内線旅客の供給は有効座席キロベースで同1.1%の減少、需要が有償旅客キロベースで同1.2%増となり、有償座席利用率1.5ポイントアップの68.0%となった。旅客収入も同3.0%増となった。

国内・国際貨物は、燃油サーチャージの下落などで減収となった。

収益では、燃料コストの下落などの効果で、経常利益は同24.0%増の1704億円、四半期純利益が同20.1%増の1436億円と過去最高だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 福岡空港運営の民間委託に向けて意見募集

    福岡空港運営の民間委託に向けて意見募集

  2. ANA「スカイメイト」を「スマートU25」にリニューアル…年齢制限を緩和、予約も可能に

    ANA「スカイメイト」を「スマートU25」にリニューアル…年齢制限を緩和、予約も可能に

  3. トルコのLCCペガサス・エアラインズ、A320neoを受領…LEAP-1Aエンジン搭載

    トルコのLCCペガサス・エアラインズ、A320neoを受領…LEAP-1Aエンジン搭載

  4. 国土交通省が「ドローンポート」を整備へ…荷物配送

  5. LCC初の B787 でゴールドコーストへ行ってみた…豪 B787 担当者「疲労感が違う」

  6. 4年に一度“空の大博覧会”「2016国際航空宇宙展」  10月12~15日

  7. シンガポール航空、デュッセルドルフ線を開設…新機材A350-900で運航

  8. 浚渫兼油回収船「清龍丸」を一般公開 7月23-24日

  9. ハワイアン航空、ホノルル=羽田線のフライトスケジュールを変更 10月29日から

  10. MRJの飛行試験3号機と4号機の初飛行、今夏に実施へ

アクセスランキングをもっと見る