JAL、燃料コスト下落などで営業利益が過去最高益…2015年4-12月期決算

航空 企業動向

JAL(イメージ)
  • JAL(イメージ)
日本航空(JAL)が発表した2015年4-12月期(第3四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比23.0%増の8533億円と過去最高益となった。

売上高は同0.1%増の1兆0234億円と横ばいだった。国際線旅客は、北米、中国、東南アジア線を中心として旺盛な訪日需要を取り込んだことで、国際線旅客数は伸びた。国際線供給は有効座席キロベースで同1.1%増、需要が有償旅客キロベースで同6.1%増となり、有償座席利用率は3.7ポイントアップの79.1%となった。ただ、国際線旅客収入は横ばいだった。

国内線旅客の供給は有効座席キロベースで同1.1%の減少、需要が有償旅客キロベースで同1.2%増となり、有償座席利用率1.5ポイントアップの68.0%となった。旅客収入も同3.0%増となった。

国内・国際貨物は、燃油サーチャージの下落などで減収となった。

収益では、燃料コストの下落などの効果で、経常利益は同24.0%増の1704億円、四半期純利益が同20.1%増の1436億円と過去最高だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

    アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

  2. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

    オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  3. アメリカ空軍、カーター国防長官の来日にあわせE-4Bを運航

    アメリカ空軍、カーター国防長官の来日にあわせE-4Bを運航

  4. ルフトハンザドイツ航空、フランクフルト=ケープタウン線を再開へ…12月2日から

  5. MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

  6. 【静岡ホビーショー16】タミヤ、新作「1/48 F-14A トムキャット」を会場発表

  7. MRJ、エンジン空中停止や片エンジンなどの飛行試験を実施…三菱航空機

  8. シンガポール航空、ヨハネスブルグ線にA350-900を投入へ…6月27日から

  9. 三菱重工、国産ステルス機「X-2」の初飛行に成功

  10. 三菱航空機「MRJ」、疲労強度試験機による試験を開始

アクセスランキングをもっと見る