JAL、燃料コスト下落などで営業利益が過去最高益…2015年4-12月期決算

航空 企業動向

JAL(イメージ)
  • JAL(イメージ)
日本航空(JAL)が発表した2015年4-12月期(第3四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比23.0%増の8533億円と過去最高益となった。

売上高は同0.1%増の1兆0234億円と横ばいだった。国際線旅客は、北米、中国、東南アジア線を中心として旺盛な訪日需要を取り込んだことで、国際線旅客数は伸びた。国際線供給は有効座席キロベースで同1.1%増、需要が有償旅客キロベースで同6.1%増となり、有償座席利用率は3.7ポイントアップの79.1%となった。ただ、国際線旅客収入は横ばいだった。

国内線旅客の供給は有効座席キロベースで同1.1%の減少、需要が有償旅客キロベースで同1.2%増となり、有償座席利用率1.5ポイントアップの68.0%となった。旅客収入も同3.0%増となった。

国内・国際貨物は、燃油サーチャージの下落などで減収となった。

収益では、燃料コストの下落などの効果で、経常利益は同24.0%増の1704億円、四半期純利益が同20.1%増の1436億円と過去最高だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. JAL、「九州ふっこう割」を導入…航空券と宿泊を最大3万円割引

    JAL、「九州ふっこう割」を導入…航空券と宿泊を最大3万円割引

  2. 熊本城修復にドローン活用…国土地理院ランドバードで石垣を撮影

    熊本城修復にドローン活用…国土地理院ランドバードで石垣を撮影

  3. 山形大学など、ドローンを利用した農業管理システムを開発

    山形大学など、ドローンを利用した農業管理システムを開発

  4. JAL、熊本・大分線に「応援先得」運賃…期間限定で最大69%割引

  5. エミレーツ航空、ドバイ=オークランド直行便にA380投入へ…10月30日から

  6. ANA、マイレージサービスで同性パートナー登録を受付…LGBT

  7. シンガポール航空、サンフランシスコ直行便を開設へ…シンガポール-LA間は増便

  8. 香港航空、サイパン線を新規開設へ…7月6日から

  9. ボンバルディア、CRJ900型機10機の受注が確定…顧客名は非公表

  10. JAL、客室乗務員が「最高の笑顔」のデジタル化に協力

アクセスランキングをもっと見る