人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

JAL、燃料コスト下落などで営業利益が過去最高益…2015年4-12月期決算

航空 企業動向

日本航空(JAL)が発表した2015年4-12月期(第3四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比23.0%増の8533億円と過去最高益となった。

売上高は同0.1%増の1兆0234億円と横ばいだった。国際線旅客は、北米、中国、東南アジア線を中心として旺盛な訪日需要を取り込んだことで、国際線旅客数は伸びた。国際線供給は有効座席キロベースで同1.1%増、需要が有償旅客キロベースで同6.1%増となり、有償座席利用率は3.7ポイントアップの79.1%となった。ただ、国際線旅客収入は横ばいだった。

国内線旅客の供給は有効座席キロベースで同1.1%の減少、需要が有償旅客キロベースで同1.2%増となり、有償座席利用率1.5ポイントアップの68.0%となった。旅客収入も同3.0%増となった。

国内・国際貨物は、燃油サーチャージの下落などで減収となった。

収益では、燃料コストの下落などの効果で、経常利益は同24.0%増の1704億円、四半期純利益が同20.1%増の1436億円と過去最高だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

    リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  2. ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

    ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

  3. ドローン操縦の初級者向け講習会 9月1日から

    ドローン操縦の初級者向け講習会 9月1日から

  4. アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

  5. 職業体験施設キッザニアの飛行機パビリオンをリニューアル…ANA

  6. ANA、50機目となるボーイング787型機を受領へ

  7. ピーチ、乗客からの問い合わせに人工知能が対応

  8. IHI、航空機エンジン部品を製造する新工場が竣工…エアバスA320neo向け

  9. JAL、機内インターネット無料を延長 2017年3月末まで

  10. ボーイング、営業赤字に転落…787型機開発費など 4-6月期決算

アクセスランキングをもっと見る