SWISS、機内Wi-Fi接続を提供開始へ…対象機材はB777-300ER

航空 企業動向

SWISSのボーイング777-300ER
  • SWISSのボーイング777-300ER
スイス・インターナショナル・エアラインズ(SWISS)は新しいフラッグシップ、ボーイング777-300ERで機内Wi-Fi接続サービス「SWISSコネクト」とローミングサービスの提供を始めると発表した。

SWISSが機内Wi-Fi接続を提供するのは初めて。SWISSコネクトの利用可能機器は、無線LAN対応のノートパソコン、タブレット、スマートフォン。利用料金は次の通り。20MB(メールのチェック、ウェブサイト数ページの閲覧に十分な量)が9スイスフラン(約1100円)。50MBが19スイスフラン(約2200円)。120MBが39スイスフラン(約4600円)。

同社はB777-300ERでローミングサービスも試験的に提供する。試用期間(1年)の間、機内での電話、ショート・メッセージ・サービス(SMS)とデータの送信が可能になる。利用料金はAeroMobile(サービスプロバイダー)と乗客加入携帯電話会社間の通信契約の取り決めで設定される額。なお、電話は夜間飛行の際に利用が制限される。

機内Wi-Fi接続対応のB777-300ERは夏期スケジュールから長距離路線(香港、ロサンゼルス、バンコク、サンパウロ、サンフランシスコ、テルアビブ線)に順次投入される。同社はB777-300ER以外の長距離路線機材(エアバスA330、A340)にも同サービスを導入するかどうかの検討を進めている。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御

    【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御

  2. 成田国際空港、東京五輪に向けてユニバーサルデザイン化…第1弾はトイレ

    成田国際空港、東京五輪に向けてユニバーサルデザイン化…第1弾はトイレ

  3. JAL輸送実績、国際線の座席利用率77.5%、国内線は62.4%…4月

    JAL輸送実績、国際線の座席利用率77.5%、国内線は62.4%…4月

  4. 香港航空、大阪線を開設へ…7月15日から

  5. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  6. MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

  7. ANA、ベトナム航空と資本・業務提携で最終合意…コードシェア便を設定

  8. 【静岡ホビーショー16】タミヤ、新作「1/48 F-14A トムキャット」を会場発表

  9. ANA、羽田=NY/シカゴ線や成田=メキシコ直行便を就航…北米・中南米ネットワークを拡充

  10. MRJ、エンジン空中停止や片エンジンなどの飛行試験を実施…三菱航空機

アクセスランキングをもっと見る