【ジャガー XE 試乗】猫足イメージ吹き飛ぶ、リニアな足ごたえ…岩貞るみこ | レスポンス(Response.jp)

【ジャガー XE 試乗】猫足イメージ吹き飛ぶ、リニアな足ごたえ…岩貞るみこ

試乗記 輸入車

ジャガー XE
  • ジャガー XE
  • ジャガー XE
  • ジャガー XE
  • ジャガー XE
  • ジャガー XE
  • ジャガー XE
  • ジャガー XE
  • ジャガー XE
ジャガーのイメージといえば、猫足である。凹凸をかるくいなし、加速も…と思っていたら、スポーツサルーンの『XE』の、あまりに地に足のついた走りに冷水を浴びせられた思いがする。私の抱き続けていた思い出はすでに彼方へと過ぎ去っていた。

アクセルを踏んだときの、リニアな足ごたえがすごい。簡単な言葉を使えば、重い。アクセルを踏んだとき、もっと軽く加速させる味付けも可能であろうに、ここまで重くするのかというほどの重さである。右足はさぼることができない。しっかりと踏みこまないと車体は前に進まないのである。

ひょいひょいと軽く走れるクルマにすれば「速い」という評価を受けやすい。定食のおかずの塩加減を強くすれば「美味しい」と感じてくれやすいようにだ。けれど、そこじゃないんだな、きっと。素材の味、ジャガーを味わうというコンセプトは、ドライバー自身が操作して性能を引き出すとより深く堪能することができる。スポーツサルーンという素性であれば、なおさらである。クルマに乗せられるのではなく、クルマに乗らなければ面白くないのだ。

走りはスポーティな手ごたえ&足ごたえを感じているというのに、やたら無駄に興奮しないのは、インテリアのしつらえのよさである。丸型の個性的なシフトレバーといい、盛りあがった窓枠付近の革の内装といい、シートの座り心地のよさ、革の手触りの満足度、どれをとっても、ほっとため息をつきたくなる。この空間の作り方こそがジャガーなのだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★


岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、最近は ノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。
《岩貞るみこ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品