人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【カーエレ最前線】花粉の季節のドライブがより快適に…スタイリッシュなポータブル加湿空気清浄機

自動車 ビジネス 国内マーケット

“カーエレクトロニクス”に関連した旬な情報をご紹介している当コーナー。今週は、ポータブル加湿空気清浄機のニューカマーを取り上げる。その名は『WINIA SPOWASHER』。花粉が舞い始めるこの季節、車内のエアクリーンアイテムとして、当機に注目!

マイナスイオンによる空気清浄機であり、加湿器でもある『WINIA SPOWASHER』。当機の利点を順に解説していこう。

まず1つ目は、「コンパクト」であること。サイズは97×97×217mm。小型ゆえに持ち運びが容易なので、必要に応じていろいろなシーンで活用できる。車内で使用する際にはドリンクホルダーにラクラク収まり、オフィスのデスクに載せてもさほどじゃまにはならない。

ただ、ここまで小さいと、その効果のほどを心配される向きもあるかもしれない。ちなみに、当機の加湿・空気清浄できるスペースは約3畳だ。さすがに広い部屋全体をカバーすることは不可能だが、“身の回り用”、“自分専用”と考えればどうだろう。十分なスペックではないだろうか。また、車内での使用においては、ほぼジャストな能力と言えそうだ。

続いて2点目のメリットをご紹介したい。それは、「空気清浄において、マイナスイオンと抗菌フィルターとのW効果が期待できる」こと。本体上部にある「イオン発生ユニット」からマイナスイオンを発生し、これによる空気の浄化効果に加えて、本体内部にも「除菌フィルター」が備えられていて、ファンで吸い込んだ空気中のホコリや菌を除去できる。

ちなみに、タンク内には「BSS」という、水をキレイに保つためのフィルターも備えられている。人体に無害で、細菌抑制力に優れた天然銀(シルバー)成分の力で、水槽内の水の汚染を防止する。

そして3点目のメリットは、「メンテナンスが容易である」こと。給水は上から注ぐだけ。本体は丸ごと水洗いすることもできる。本体下部はスケルトン構造になっているので、タンク内の残量もひと目で確認できる。使い勝手がとにかく高い。

カラーは2種類、「ヘーゼルブラウン」と「ピュアホワイト」がある。連続加湿時間は約7時間。価格はオープン(実勢価格:2万9000円前後・税込)。ファミリーカーでは特に重宝しそうなこの『WINIA SPOWASHER』。車内の花粉や菌が気になるならば、当機をチェックして損はない。

【カーエレ最前線】花粉の季節のドライブがより快適に! スタイリッシュなポータブル加湿空気清浄機『SPOWASHER』登場!

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

    4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  2. トヨタ、国内シェアが3か月ぶりの5割超え 7月実績

    トヨタ、国内シェアが3か月ぶりの5割超え 7月実績

  3. 車中泊での一酸化炭素中毒から身を守る…ドッペルギャンガー、CO計測器を発売

    車中泊での一酸化炭素中毒から身を守る…ドッペルギャンガー、CO計測器を発売

  4. クサくないタクシー「ファブタク」発進!…日本交通とファブリーズがコラボ

  5. 三菱自動車、国内販売4か月連続2ケタ減…eK販売再開も登録車が半減 7月実績

  6. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  7. タカタ製エアバッグのリコール、トヨタの修理完了率は34%…米国

  8. マツダ、世界生産台数が3か月連続マイナス 7月実績

  9. BMWブランドのPHV販売、西欧で好調 7月

  10. ダイハツ、国内販売10.7%増の4万7897台 7月実績

アクセスランキングをもっと見る