人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【カーエレ最前線】花粉の季節のドライブがより快適に…スタイリッシュなポータブル加湿空気清浄機

自動車 ビジネス 国内マーケット

“カーエレクトロニクス”に関連した旬な情報をご紹介している当コーナー。今週は、ポータブル加湿空気清浄機のニューカマーを取り上げる。その名は『WINIA SPOWASHER』。花粉が舞い始めるこの季節、車内のエアクリーンアイテムとして、当機に注目!

マイナスイオンによる空気清浄機であり、加湿器でもある『WINIA SPOWASHER』。当機の利点を順に解説していこう。

まず1つ目は、「コンパクト」であること。サイズは97×97×217mm。小型ゆえに持ち運びが容易なので、必要に応じていろいろなシーンで活用できる。車内で使用する際にはドリンクホルダーにラクラク収まり、オフィスのデスクに載せてもさほどじゃまにはならない。

ただ、ここまで小さいと、その効果のほどを心配される向きもあるかもしれない。ちなみに、当機の加湿・空気清浄できるスペースは約3畳だ。さすがに広い部屋全体をカバーすることは不可能だが、“身の回り用”、“自分専用”と考えればどうだろう。十分なスペックではないだろうか。また、車内での使用においては、ほぼジャストな能力と言えそうだ。

続いて2点目のメリットをご紹介したい。それは、「空気清浄において、マイナスイオンと抗菌フィルターとのW効果が期待できる」こと。本体上部にある「イオン発生ユニット」からマイナスイオンを発生し、これによる空気の浄化効果に加えて、本体内部にも「除菌フィルター」が備えられていて、ファンで吸い込んだ空気中のホコリや菌を除去できる。

ちなみに、タンク内には「BSS」という、水をキレイに保つためのフィルターも備えられている。人体に無害で、細菌抑制力に優れた天然銀(シルバー)成分の力で、水槽内の水の汚染を防止する。

そして3点目のメリットは、「メンテナンスが容易である」こと。給水は上から注ぐだけ。本体は丸ごと水洗いすることもできる。本体下部はスケルトン構造になっているので、タンク内の残量もひと目で確認できる。使い勝手がとにかく高い。

カラーは2種類、「ヘーゼルブラウン」と「ピュアホワイト」がある。連続加湿時間は約7時間。価格はオープン(実勢価格:2万9000円前後・税込)。ファミリーカーでは特に重宝しそうなこの『WINIA SPOWASHER』。車内の花粉や菌が気になるならば、当機をチェックして損はない。

【カーエレ最前線】花粉の季節のドライブがより快適に! スタイリッシュなポータブル加湿空気清浄機『SPOWASHER』登場!

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

    メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

  2. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

    三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  3. 宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

    宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

  4. GM、タカタ製エアバッグで追加リコールの可能性…最大430万台

  5. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  6. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

  7. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

  8. シャープ、交通監視用カメラ向け4/3型CCDを開発…業界トップクラスの感度実現

  9. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  10. インプ vs ランエボ、WRC黄金期の2台をレンタルで乗り比べ

アクセスランキングをもっと見る