給油待ちでトラブルか、故意に衝突させる

自動車 社会 社会

26日午後3時ごろ、山梨県富士吉田市内のガソリンスタンドで、発進した軽乗用車が灯油を給油していた66歳の男性に突っ込む事故が起きた。男性は重傷。警察は故意にクルマを衝突させたとして63歳の男を傷害容疑で逮捕している。

山梨県警・富士吉田署によると、現場は富士吉田市上吉田付近にあるガソリンスタンド敷地内。66歳の男性が灯油を給油しようとしたところ、場内から発進した軽乗用車が男性に衝突した。

男性は両足を骨折するなどの重傷。警察ではクルマを運転していた忍野村内に在住する63歳の男が故意にクルマを衝突させたものと判断。傷害容疑で逮捕している。

聴取に対して男は「自分の方が先に来て待っていたのに、相手が割り込んできたので腹が立った」などと供述しているようだ。被害者に割り込みの認識があったのかは定かではなく、警察では場内に設置された防犯カメラ映像の分析を進めるとともに、事件発生の経緯を詳しく調べる方針だ。
《石田真一》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品