人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

手軽に低音アップ!パワードサブウーファーの役目とは

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

システムアップを考えるとき、パワードサブウーファー使うという手がある。サブウーファーを搭載しないシステム、例えばドアスピーカーのみの場合は、最低域の再生に限界が生じる。

最も低い音域を補うためは、サブウーファーが必要となってくる。サブウーファーというと、大口径をイメージするかもしれないが、近年では車内に簡単にセットアップできるパワードサブウーファー(アンプ内蔵型サブウーファー)が各社から多数発売。コンパクトなものならシート下にセットでき、取り付け時間は1~2時間で完了する。

最低域を求めるユーザーは、おそらく3つのタイプに分けられると思う。

【1】R&B、ヒップップなど、ベースが効いた楽曲を大きな音で楽しみたいという人。

【2】はジャンルに特にこだわらず、会話ができる程度の音量で聴いている人。

【3】は本格的なシステム構築に向けてというユーザーだ。

【1】を選ぶ人は、シートの下セット出来るようなコンパクトなものは、お勧めできない。ある程度、大きなユニットをエンクロージャーに納めたものが必要で、迫力のある低音の出方、レスポンス、空気感の再現性のためにも好ましい。

【2】は強調するベース音を求める方向ではなく、一般的な音量で最低域を補いたいという人向けである。【1】と【2】はクロスオーバーポイントの設定、レベル調整も異なる。【1】は比較的、高いクロスポイントの設定で音量大。【2】はドアウーファーとの繋がりを重視したセッティングでフラット傾向。クロスポイントの設定とレベル調整は注意が必要。フロントスピーカーと自然な繋がりがベストといえる。いずれにしろ、自分のクルマにどう向かい入れるか。納得できるかどうかだ。
《永松巌》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. ホンダアクセス、純正ナビをモデルチェンジ…車両本体との連携機能強化

    ホンダアクセス、純正ナビをモデルチェンジ…車両本体との連携機能強化

  2. マツダ、G-ベクタリングコントロールと自動ブレーキ技術でキッズデザイン賞を受賞

    マツダ、G-ベクタリングコントロールと自動ブレーキ技術でキッズデザイン賞を受賞

  3. ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

    ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

  4. 「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.1「高音質設計に込められた思いと、技術」に迫る!

  5. 【日産 プロパイロット】東名高速の300Rを100km/hで曲がれるか?

  6. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  7. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

  8. 自動運転にベストなコンポーネントの組み合わせは?…デンソー技術開発説明会

  9. アルパイン、大画面ナビ「ビッグX」が世界最大となる11型液晶を搭載…アロマも装備

  10. DSMはドライバーを「見る」から「診る」へ…デンソー技術開発説明会

アクセスランキングをもっと見る