積雪の踏切から誤進入、列車と衝突

自動車 社会 社会

26日午後8時ごろ、新潟県三条市内にあるJR信越本線の踏切で、踏切から軌道内に誤進入して立ち往生していた軽乗用車に対し、通過中の普通列車が衝突する事故が起きた。クルマを運転していた49歳の女性が重傷を負っている。

新潟県警・三条署によると、現場は三条市帯織付近にある踏切で、警報機と遮断機が設置されている。軽乗用車は踏切を進行中に軌道内へ誤進入。立ち往生していたところ、直後に通過した下り普通列車(長岡発/新潟行き、7両編成)と正面衝突した。

衝突によってクルマは約200m押し出される状態となって中破。運転していた見附市内に在住する49歳の女性は胸部や鎖骨を骨折するなどの重傷を負ったが、列車の乗客乗員約200人にケガはなかった。

事故当時、積雪によって線路は見えない状態となっており、警察では道路と誤認して軌道内へ進入してしまったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

    国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

  2. バイクで歩行者ひき逃げの男に懲役刑、無保険の隠蔽も認定

    バイクで歩行者ひき逃げの男に懲役刑、無保険の隠蔽も認定

  3. ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

    ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

  4. 国土交通省、自動車の安全対策に関する評価・分析方法を検討

  5. 警官に自転車を突っ込ませ死亡させる、18歳少年を逆送で起訴

  6. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  7. 『ETC2.0』とは…次世代ETCが目指す未来の道路交通

  8. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  9. 「増設に向けた検討を指示」...バスタ新宿 女子トイレ問題

  10. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

アクセスランキングをもっと見る