ダイハツ三井社長、「MINIのような存在感あるブランドに」 | レスポンス(Response.jp)

ダイハツ三井社長、「MINIのような存在感あるブランドに」

自動車 ビジネス 企業動向

ダイハツ工業の三井正則社長
  • ダイハツ工業の三井正則社長
  • トヨタ自動車の豊田章男社長とダイハツ工業の三井正則社長
ダイハツ工業の三井正則社長は1月29日にトヨタ自動車の豊田章男社長と、完全子会社化に伴って開いた記者会見で、BMW傘下の「MINI」のようなブランドを目指したいと表明した。

新体制でダイハツは、トヨタグループの小型車開発で主体的な役割を担うとともに、自らの事業のグローバルな拡大にも乗り出す。三井社長はその際の目標について「BMWに対するMINIのような世界に通用するブランドを目指していきたい」と述べた。豊田社長も「そのような存在は、我々が狙うところ」と、同調した。

また、三井社長は現状ではインドネシアとマレーシアが主体となっている海外販売について「実力をつけながら、最終的にはダイハツブランドが求められる国にはどこにでも出ていきたい」と、地域的な展開にも意欲を示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品