ダイハツ三井社長、「MINIのような存在感あるブランドに」

自動車 ビジネス 企業動向

ダイハツ工業の三井正則社長
  • ダイハツ工業の三井正則社長
  • トヨタ自動車の豊田章男社長とダイハツ工業の三井正則社長
ダイハツ工業の三井正則社長は1月29日にトヨタ自動車の豊田章男社長と、完全子会社化に伴って開いた記者会見で、BMW傘下の「MINI」のようなブランドを目指したいと表明した。

新体制でダイハツは、トヨタグループの小型車開発で主体的な役割を担うとともに、自らの事業のグローバルな拡大にも乗り出す。三井社長はその際の目標について「BMWに対するMINIのような世界に通用するブランドを目指していきたい」と述べた。豊田社長も「そのような存在は、我々が狙うところ」と、同調した。

また、三井社長は現状ではインドネシアとマレーシアが主体となっている海外販売について「実力をつけながら、最終的にはダイハツブランドが求められる国にはどこにでも出ていきたい」と、地域的な展開にも意欲を示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

    いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  2. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

    テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

  3. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  4. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  5. 村田製作所、車載カメラに最適な巻線インダクタを商品化

  6. 新名神 四日市JCT~東海環状 東員IC間…港湾物流の効率化に期待 8月11日開通

  7. 宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

  8. 日本精工、米国集団訴訟で和解---軸受製品の価格カルテルについて

  9. 日本電産、車載向け好調で営業利益は過去最高 2016年4-6月期決算

  10. ボルボカーズの営業利益が3.3倍 上半期決算

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら