【レッドブル・エアレース 第3戦】今年も千葉で開催 6月4日・5日

航空 エンタメ・イベント

レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
  • レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
  • レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
  • レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
  • レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
  • レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
  • レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
  • レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
  • レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
レッドブル・エアレース・ジャパン実行委員会は27日、6月4日と5日に千葉県立幕張海浜公園(千葉県千葉市美浜区)にて、「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」の第3戦目を開催することを明らかにした。

レッドブル・エアレースは昨年5月に日本での大会を初めて実施。2日間で約12万人の観客が訪れるなど、同レースとしては最大の規模となった。

今年の開催については、会場となる千葉市との調整が続けられてきたが、6月に第3戦目として実施されることが正式に決まった。主会場は幕張で、臨時飛行場(パドック)は昨年と同様に浦安市に設置される見込みとなっている。

チケット販売は29日から特設サイトにて開始される予定で、予選(4日)と決勝(5日)の2日通し券はAエリアが2万円、Bエリアが1万3000円、Bエリア(カメラ専用エリア)が2万8000円。4人まで入れるファミリーエリアが3万円、クラブラウンジが15万円、スカイラウンジが25万円、プレミアムスカイラウンジが35万円となっている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 損保ジャパン日本興亜、日本全国でドローンを飛行できる包括許可を取得

    損保ジャパン日本興亜、日本全国でドローンを飛行できる包括許可を取得

  2. ARを採用した機内アメニティキット、エミレーツ航空が導入へ

    ARを採用した機内アメニティキット、エミレーツ航空が導入へ

  3. IHI、航空機エンジン「GE9X」開発に参画…ボーイング777Xに搭載

    IHI、航空機エンジン「GE9X」開発に参画…ボーイング777Xに搭載

  4. アエロフロート・ロシア航空、CSKAモスクワ特別塗装機を初公開

  5. JAL、国際線旅客人数が2カ月連続マイナス…欧州テロ影響など 6月

  6. 山口宇部空港に国際線が初就航---エアソウル

  7. ANA、中国向け越境物流ソリューションを展開…ACDに資本参加

  8. ドローンレースを企画・配信…TBSやGYAOなどプロジェクト発足

  9. ルフトハンザドイツ航空、バイエルン・ミュンヘン特別塗装機が就航

  10. シンガポール航空、ヨハネスブルグ線にA350-900を投入へ…6月27日から

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら