【レッドブル・エアレース 第3戦】今年も千葉で開催 6月4日・5日

航空 エンタメ・イベント

レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
  • レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
  • レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
  • レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
  • レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
  • レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
  • レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
  • レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
  • レットブル・エアレースが今年も千葉で開催されることになった。決勝は6月5日に開催。会場は昨年と同じく幕張海岸の特設コースとなる。
レッドブル・エアレース・ジャパン実行委員会は27日、6月4日と5日に千葉県立幕張海浜公園(千葉県千葉市美浜区)にて、「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」の第3戦目を開催することを明らかにした。

レッドブル・エアレースは昨年5月に日本での大会を初めて実施。2日間で約12万人の観客が訪れるなど、同レースとしては最大の規模となった。

今年の開催については、会場となる千葉市との調整が続けられてきたが、6月に第3戦目として実施されることが正式に決まった。主会場は幕張で、臨時飛行場(パドック)は昨年と同様に浦安市に設置される見込みとなっている。

チケット販売は29日から特設サイトにて開始される予定で、予選(4日)と決勝(5日)の2日通し券はAエリアが2万円、Bエリアが1万3000円、Bエリア(カメラ専用エリア)が2万8000円。4人まで入れるファミリーエリアが3万円、クラブラウンジが15万円、スカイラウンジが25万円、プレミアムスカイラウンジが35万円となっている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

    川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

  2. ANA、ボンバルディアDHC-8-Q400型機を調達…MRJ の納入遅れで?

    ANA、ボンバルディアDHC-8-Q400型機を調達…MRJ の納入遅れで?

  3. 羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

    羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

  4. ドローンと風船が融合…パナソニックが「バルーンカム」を開発

  5. ボーイング 737 MAX デビューへ…ファンボロー航空ショーで

  6. 【夏休み】エアバス A380 オリジナル紙飛行機を制作する

  7. ANA、羽田=クアラルンプール線就航…米本土線など羽田発着ダイヤを改正

  8. フィリピン航空、ハワイアン航空とのコードシェアを開始へ…ホノルル発着4路線

  9. JAL、新千歳空港に最上級ラウンジ「ダイヤモンド・プレミアムラウンジ」を新設

  10. 三菱航空機 MRJ、米国での飛行試験に向け7月以降に出発

アクセスランキングをもっと見る