宇宙空間で筋肉がやせ細ることを解明…JAXA

宇宙 科学

東北大学大学院生命科学研究科の東谷篤志教授と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の東端晃主任開発員らは、「きぼう」日本実験棟での宇宙実験で、モデル生物の一つである線虫を微小重力下で育てたところ、筋肉がやせ細ることを遺伝子やタンパク質の解析で発見した。

国際宇宙ステーションでの2度の宇宙実験を通して、宇宙で生育させたモデル生物の一つ、線虫(C. elegans)のからだの変化を分析したところ、運動する頻度が極端に低下し、エネルギー代謝や個々の細胞のなかの骨組み(細胞骨格)も低下する。これらについて2回の異なる宇宙実験から、再現性の良い結果が得られたとしている。

「きぼう」には、同じ細胞を微小重力で育てる実験区と遠心機によって人工的に重力を与えて育てる実験区がある。これら2つの実験区の比較によるもので、重力のあるなしを同じ環境で同時に比較したこれまでにない実験となった。

2つの実験結果により、線虫のような小さく軽い生き物でも、重力は個々の細胞ごとに影響を及ぼすと考えられ、生物は微小重力環境に応じた「からだ」に変化することが強く示唆された。

今回の研究成果は、英国の科学誌ネイチャー・パートナー・ジャーナル「npjマイクログラビティ―」に公開された。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

    「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

  2. 大西宇宙飛行士、七夕に宇宙に向けて飛び立つ…ISS打ち上げ日時が正式決定

    大西宇宙飛行士、七夕に宇宙に向けて飛び立つ…ISS打ち上げ日時が正式決定

  3. 「限界を超えた超新星」の起源を初めて解明

    「限界を超えた超新星」の起源を初めて解明

  4. 宇宙業界で働く女性の現状…JAXA講演会に山崎直子宇宙飛行士ら登壇

  5. au×HAKUTO、世界初の民間月面探査にチャレンジ…親子向け特別プログラムで紹介

  6. シグナス補給船運用5号機が国際宇宙ステーションを離脱

  7. ISS、米国が船外活動が無事に完了…油井宇宙飛行士が支援

  8. JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

  9. 「はやぶさ2」、追加イオンエンジン運転で軌道修正に成功

  10. ISS「きぼう」から放出したフィリピン小型衛星、地球の画像撮影…8月から本格運用

アクセスランキングをもっと見る