人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

宇宙空間で筋肉がやせ細ることを解明…JAXA

宇宙 科学

東北大学大学院生命科学研究科の東谷篤志教授と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の東端晃主任開発員らは、「きぼう」日本実験棟での宇宙実験で、モデル生物の一つである線虫を微小重力下で育てたところ、筋肉がやせ細ることを遺伝子やタンパク質の解析で発見した。

国際宇宙ステーションでの2度の宇宙実験を通して、宇宙で生育させたモデル生物の一つ、線虫(C. elegans)のからだの変化を分析したところ、運動する頻度が極端に低下し、エネルギー代謝や個々の細胞のなかの骨組み(細胞骨格)も低下する。これらについて2回の異なる宇宙実験から、再現性の良い結果が得られたとしている。

「きぼう」には、同じ細胞を微小重力で育てる実験区と遠心機によって人工的に重力を与えて育てる実験区がある。これら2つの実験区の比較によるもので、重力のあるなしを同じ環境で同時に比較したこれまでにない実験となった。

2つの実験結果により、線虫のような小さく軽い生き物でも、重力は個々の細胞ごとに影響を及ぼすと考えられ、生物は微小重力環境に応じた「からだ」に変化することが強く示唆された。

今回の研究成果は、英国の科学誌ネイチャー・パートナー・ジャーナル「npjマイクログラビティ―」に公開された。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. アポロ11号指令船「コロンビア」の高解像度3Dスキャンデータを作成

    アポロ11号指令船「コロンビア」の高解像度3Dスキャンデータを作成

  2. BASF、宇宙で野菜を大量生産する「宇宙農業研究プロジェクト」支援へ

    BASF、宇宙で野菜を大量生産する「宇宙農業研究プロジェクト」支援へ

  3. 宇宙空間でのタンパク質結晶化実験、7割が解析可能…JAXA

    宇宙空間でのタンパク質結晶化実験、7割が解析可能…JAXA

  4. NASA 2017年の民間有人宇宙船開発にボーイングとスペース Xを選定

  5. 【夏休み】油井宇宙飛行士の“おいしい話”と“すごい話”

  6. BASF支援の学生宇宙農業研究プロジェクト、挿し木を載せたロケットを打ち上げ

  7. ISS誕生15周年を記念して「ワールドワイド・ウェーブ」を開催…11月20日

  8. ISS補給機「こうのとり」6号機の打ち上げ延期…配管に不具合

  9. JAXAの閉鎖環境試験に2900人の応募…長期宇宙滞在について

  10. 人工衛星を活用した農地調査サービス、パスコが開始

アクセスランキングをもっと見る