宇宙空間で筋肉がやせ細ることを解明…JAXA

宇宙 科学

東北大学大学院生命科学研究科の東谷篤志教授と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の東端晃主任開発員らは、「きぼう」日本実験棟での宇宙実験で、モデル生物の一つである線虫を微小重力下で育てたところ、筋肉がやせ細ることを遺伝子やタンパク質の解析で発見した。

国際宇宙ステーションでの2度の宇宙実験を通して、宇宙で生育させたモデル生物の一つ、線虫(C. elegans)のからだの変化を分析したところ、運動する頻度が極端に低下し、エネルギー代謝や個々の細胞のなかの骨組み(細胞骨格)も低下する。これらについて2回の異なる宇宙実験から、再現性の良い結果が得られたとしている。

「きぼう」には、同じ細胞を微小重力で育てる実験区と遠心機によって人工的に重力を与えて育てる実験区がある。これら2つの実験区の比較によるもので、重力のあるなしを同じ環境で同時に比較したこれまでにない実験となった。

2つの実験結果により、線虫のような小さく軽い生き物でも、重力は個々の細胞ごとに影響を及ぼすと考えられ、生物は微小重力環境に応じた「からだ」に変化することが強く示唆された。

今回の研究成果は、英国の科学誌ネイチャー・パートナー・ジャーナル「npjマイクログラビティ―」に公開された。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

    JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

  2. 宇宙空間でのタンパク質結晶化実験、7割が解析可能…JAXA

    宇宙空間でのタンパク質結晶化実験、7割が解析可能…JAXA

  3. 準天頂衛星を使い農作業…自律走行型ロボットトラクターで実証実験

    準天頂衛星を使い農作業…自律走行型ロボットトラクターで実証実験

  4. 防衛省、Xバンド防衛通信衛星3号機用中継器や宇宙監視システムを整備…2016年度

  5. 先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

  6. 大西宇宙飛行士、打ち上げ目標が6月24日午後3時14分に決定

  7. 宇宙ミュージアムTeNQ 開業2周年、新海誠監督とのコラボ企画展…7月1日~11月6日

  8. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  9. スカパーJSAT、通信衛星「JCSAT-15/16」を2016年度上期に打ち上げへ

  10. 打ち上げ費用は別…超小型衛星キット、40万円で販売開始

アクセスランキングをもっと見る