ANA、国内線でも機内インターネットWi-Fiサービスを開始

航空 企業動向

全日本空輸(ANA)は、1月25日から国内線機内インターネット「ANA Wi-Fiサービス」を開始すると発表した。

すでに開始している国際線に続き、国内線でも無料のエンターテイメントコンテンツと有料のインターネット接続を提供する。1月25日から羽田発着の千歳、福岡、沖縄線を中心にサービスを開始した。機材は当面B777-300型機。

サービスでは、国内線で初となる上空でテレビ番組を見ることができるサービス「ANA SKY LIVE TV」を開始する。これにより、乗客自身のデバイスを使ってリアルタイムで最新のニュースやスポーツ中継を無料で見ることができる。

また、無料で提供するエンターテイメントサービスとしてビデオ番組、オーディオ番組、電子書籍や、ANAオリジナル商品を取り揃えたショッピングサイト、「ANA STORE@SKY」を新たに開設する。

今後、サービスを提供する対象機材を拡大して2017年度末までに合計約100機で、Wi-Fiサービスを提供する予定。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品