新宿駅に りゅうおう があらわれた! 出現モンスターの正体が判明

エンターテインメント 話題

新宿駅に「ドラクエ」りゅうおう出現!「仲間になれば、新宿の半分をお前にやろう」
  • 新宿駅に「ドラクエ」りゅうおう出現!「仲間になれば、新宿の半分をお前にやろう」
  • 新宿駅に「ドラクエ」りゅうおう出現!「仲間になれば、新宿の半分をお前にやろう」
  • 新宿駅に「ドラクエ」りゅうおう出現!「仲間になれば、新宿の半分をお前にやろう」
  • 新宿駅に「ドラクエ」りゅうおう出現!「仲間になれば、新宿の半分をお前にやろう」
  • 新宿駅に「ドラクエ」りゅうおう出現!「仲間になれば、新宿の半分をお前にやろう」
  • 新宿駅に「ドラクエ」りゅうおう出現!「仲間になれば、新宿の半分をお前にやろう」
  • 新宿駅に「ドラクエ」りゅうおう出現!「仲間になれば、新宿の半分をお前にやろう」
  • 新宿駅に「ドラクエ」りゅうおう出現!「仲間になれば、新宿の半分をお前にやろう」
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアとスクウェア・エニックスは、1月25日よりスタートした「新宿ドラゴンクエストジャック」における、シークレットになっていたモンスターの正体などを明かしました。

「新宿ドラゴンクエストジャック」では、新宿駅構内の東口と西口を結ぶ通路の壁面に、ブロック玩具を用いてドット絵状に描いた『ドラクエ』シリーズのモンスターが大量にあらわれる「ブロックモンスター討伐作戦」と、通路中に配置された“柱”がモンスターに変身し、ダンジョンの中でモンスターに遭遇するようなゲームさながらの空間を演出する「新宿モンスターロード」という2つの企画を実施中です。


PS4/PS3/PS Vitaソフト『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』の発売を記念して行われたこのユニークなイベントは、『ドラクエ』ファンはもちろんのこと、新宿駅を利用する方々の興味や関心も集めており、文字通り目を引く展開となっています。


そして本日1月26日に、シークレットになっていたモンスター3体の正体が判明。また、登場していたモンスターのうち、2体にも変化が起こりました。この5体のモンスターには、“体験型モンスター”としてインタラクティブな仕掛けが施されているので、既にご覧になった方も改めて、今日から始まる新たな刺激を味わってみてはいかがでしょうか。

◆新たに3体のモンスターが明らかに!得意技の「あまいいき」やあの名セリフを実際に体験!
■体験型モンスター1「くさったしたい」

「くさったしたい」は、くさりかけの死体に魂が宿ったモンスター。ゲームでは、冒険者を眠りに誘う“あまいいき”を吐いてきますが、今回は人感センサーにより、近づいた人にあまーい香りを吐きかけてきます。

■体験型モンスター2「ゴースト」

三角帽を被ったオバケ。『ドラゴンクエストビルダーズ』でも、夜になると現れる可愛くもちょっと不気味な存在です。そんなゴーストが、一見何の変哲もない黒い柱に出没します。黒い柱をスマホなどのカメラでフラッシュ撮影すると、なんとゴーストが浮かび上がります。“NINJAINK(ニンジャインク)”という特殊な印刷技術を使った表現です。

■体験型モンスター3「りゅうおう」

『ドラゴンクエスト』1作目のラストボス。世界の征服をもくろむ、人間の姿をした巨大な竜。ゲームでは「もし私の仲間になれば、世界の半分をお前にやろう」という選択肢を用意され、「はい」を選ぶとゲームオーバーとなってしまいますが、今回は「仲間になれば、新宿の半分をお前にやろう」といった具体的な交渉を持ちかけてきます。りゅうおうの誘いに乗って、吹き出しの中に用意されたQRコードを読み込んでしまうと…!?

◆『ドラゴンクエスト』の代表的モンスターである、あの2体にも変化が!
■体験型モンスター4「スライム」

『ドラゴンクエスト』シリーズのモンスターの象徴である「スライム」。何とも言えない表情やシルエットが特徴ですが、あの“プルプル感”が気になっていたプレイヤーも多いのではないでしょうか。昨日までは柱にイラストで描かれていたスライムですが、本日1月26日(火)より、あの“プルプル”感を体験できるリアルな質感の“プルプルスライム”が登場します。昨年話題となったプチプチスライムとは一味違った触感を体感してみてください。

■体験型モンスター5「メタルスライム」

すぐに逃げることで有名な、特殊な金属でできた極めて硬いスライム。やっつけると非常に高い経験値を獲得できることでも有名です。今回も柱巻の1キャラクターとして登場していましたが、ゲーム同様、その場から逃げだしてしまいました…。まだ近くに隠れている可能性があるのでぜひ探してみてください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
「新宿モンスターロード」では、これらの体験型モンスター以外にも、『ドラゴンクエスト』シリーズでお馴染みのモンスター達が勢揃いしています。それぞれのモンスターは、「プレイステーション」とのタッグでさらに磨きのかかった自分の魅力について、思わずニヤっとしてしまう“モンスターの一言”を用意して待ち構えておりますので、まだ未見の方はそちらもお忘れなく。

(C)2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)2016 Sony Computer Entertainment Inc. All rights reserved.

新宿駅に「ドラクエ」りゅうおう出現!「仲間になれば、新宿の半分をお前にやろう」

《臥待 弦(ふしまち ゆずる)@INSIDE》

特集

おすすめの商品

エンターテインメント アクセスランキング

  1. 【GARMIN vivofit3 インプレ前編】充電不要のライフログバンド、最新モデル登場

    【GARMIN vivofit3 インプレ前編】充電不要のライフログバンド、最新モデル登場

  2. 【GARMIN vivofit3 インプレ後編】常にどこでもつけていられるライフログバンドが進化

    【GARMIN vivofit3 インプレ後編】常にどこでもつけていられるライフログバンドが進化

  3. 【GARMIN epixJ インプレ前編】登山地形図がプリインストールされたマルチスポーツ対応ウォッチ

    【GARMIN epixJ インプレ前編】登山地形図がプリインストールされたマルチスポーツ対応ウォッチ

  4. 【GARMIN vivofit3 インプレ中編】歩いたり走ったり、日常的なアクティビティに特化したライフログバンド

  5. ラブライブ!公式販売痛車納車式が東京トヨペットにて開催

  6. 【GARMIN vivoactiveJ HR インプレ中編】ベルトは太いが安定感アップ、操作性も見やすさもいい

  7. 【GARMIN ForeAthlete230J インプレ前編】専門的すぎないのが魅力、ランニング用GPSウォッチ

  8. 【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

  9. 【GARMIN fenix 3J HR 海外インプレ前編】ツール・ド・フランスに持参、健康管理に使えるか?

  10. 【GARMIN epixJ インプレ後編】登山用地形図&詳細道路地図搭載の高機能ガジェット

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら