マイクロバスが単独事故、運転者「一時的に意識失った」 | レスポンス(Response.jp)

マイクロバスが単独事故、運転者「一時的に意識失った」

自動車 社会 社会

21日午後6時50分ごろ、熊本県玉名市内の県道を走行していた高校の送迎用マイクロバスが路外に対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側のガードレールに衝突する事故が起きた。バスの運転者が意識を失ったとみられる。

熊本県警・玉名署によると、現場は玉名市伊倉北方付近で片側1車線の緩やかなカーブ。私立高校が送迎用として使用しているマイクロバスは左カーブを曲がりきれずに対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側のガードレールに衝突した。

衝突によって車両は小破。乗っていた生徒12人にケガはなかったが、運転していた62歳の男性が気分不良を訴え、近くの病院へ収容されている。

現場での簡易聴取に対し、運転していた男性は「一時的に意識を失った」などと話していたようだ。警察では運転者の体調に問題があった可能性も含め、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

特集

おすすめの商品