フィリピンLCCセブ・パシフィック航空、A320新塗装1号機を受領

航空 企業動向

フィリピンの格安航空会社(LCC)、セブ・パシフィック航空は1月22日、エアバスA320新塗装1号機を受領した。

新デザインはフィリピンのエアラインを強調する仕上がりとなった。黄色は太陽、緑色は熱帯地方、濃い青色は海、鮮やかな青色は空を表現している。セブ・パシフィックのロゴは昨年6月に一新されたばかり。

同社はA320新塗装2号機も今月中に受領する。保有機材は2月時点で、8機のA319、35機のA320、6機のA330、8機のATR72-500。今後は2021年までに3機のA320、30機のA321neo、16機のATR72-600の受領を控えている。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

    オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  2. アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

    アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

  3. ホンダジェット、欧州航空安全局の型式証明を取得

    ホンダジェット、欧州航空安全局の型式証明を取得

  4. 伊勢志摩サミット関連施設周辺でドローン飛行禁止…伊勢神宮や平和記念公園

  5. アメリカ軍のステルス戦闘機F-22、横田基地へ計14機が飛来

  6. バンコクエアウェイズ、オーストリア航空とコードシェアを開始…東南アジア8路線が対象

  7. イースター航空とティーウェイ航空、仁川=大阪線でコードシェア実施へ…6月7日~10月29日

  8. 【静岡ホビーショー16】タミヤ、新作「1/48 F-14A トムキャット」を会場発表

  9. フィリピン航空、マニラ=台北=大阪線を開設へ…6月25日から

  10. ALSOK、ドローン侵入による被害を防止するサービスを開発…センサーで検知

アクセスランキングをもっと見る