フィリピンLCCセブ・パシフィック航空、A320新塗装1号機を受領

航空 企業動向

フィリピンの格安航空会社(LCC)、セブ・パシフィック航空は1月22日、エアバスA320新塗装1号機を受領した。

新デザインはフィリピンのエアラインを強調する仕上がりとなった。黄色は太陽、緑色は熱帯地方、濃い青色は海、鮮やかな青色は空を表現している。セブ・パシフィックのロゴは昨年6月に一新されたばかり。

同社はA320新塗装2号機も今月中に受領する。保有機材は2月時点で、8機のA319、35機のA320、6機のA330、8機のATR72-500。今後は2021年までに3機のA320、30機のA321neo、16機のATR72-600の受領を控えている。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. JAL、「九州ふっこう割」を導入…航空券と宿泊を最大3万円割引

    JAL、「九州ふっこう割」を導入…航空券と宿泊を最大3万円割引

  2. 熊本城修復にドローン活用…国土地理院ランドバードで石垣を撮影

    熊本城修復にドローン活用…国土地理院ランドバードで石垣を撮影

  3. 山形大学など、ドローンを利用した農業管理システムを開発

    山形大学など、ドローンを利用した農業管理システムを開発

  4. ANA、マイレージサービスで同性パートナー登録を受付…LGBT

  5. 香港航空、サイパン線を新規開設へ…7月6日から

  6. JAL、熊本・大分線に「応援先得」運賃…期間限定で最大69%割引

  7. エミレーツ航空、ドバイ=オークランド直行便にA380投入へ…10月30日から

  8. 東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

  9. シンガポール航空、サンフランシスコ直行便を開設へ…シンガポール-LA間は増便

  10. 三菱航空機 MRJ、米国での飛行試験に向け7月以降に出発

アクセスランキングをもっと見る