人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

フィリピンLCCセブ・パシフィック航空、A320新塗装1号機を受領

航空 企業動向

フィリピンの格安航空会社(LCC)、セブ・パシフィック航空は1月22日、エアバスA320新塗装1号機を受領した。

新デザインはフィリピンのエアラインを強調する仕上がりとなった。黄色は太陽、緑色は熱帯地方、濃い青色は海、鮮やかな青色は空を表現している。セブ・パシフィックのロゴは昨年6月に一新されたばかり。

同社はA320新塗装2号機も今月中に受領する。保有機材は2月時点で、8機のA319、35機のA320、6機のA330、8機のATR72-500。今後は2021年までに3機のA320、30機のA321neo、16機のATR72-600の受領を控えている。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 【レッドブル・エアレース 第5戦】室屋義秀、パイロンヒットでファイナル4進出ならず

    【レッドブル・エアレース 第5戦】室屋義秀、パイロンヒットでファイナル4進出ならず

  2. タイガーエア・オーストラリア、メルボルン=キャンベラ線を開設 12月8日

    タイガーエア・オーストラリア、メルボルン=キャンベラ線を開設 12月8日

  3. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

    リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  4. 三菱航空機 MRJ、試験飛行領域を設計スペックまで拡大…マッハ0.78

  5. 2020東京五輪に向け、3棟のホテル…羽田空港第2ゾーン開発[フォトレポート]

  6. ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

  7. アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

  8. 三菱航空機 MRJ、米国での飛行試験に向け7月以降に出発

  9. TAPポルトガル航空、リスボン=ビサウ線を再開 12月1日から

  10. ピーチ、乗客からの問い合わせに人工知能が対応

アクセスランキングをもっと見る