JAL、旅客人数が4か月ぶりプラスに…2015年12月

航空 企業動向

日本航空(JAL)は、2015年12月の輸送実績を発表した。

国際線の旅客人数は前年同月比1.6%増の64万7152人と、4か月連続で前年を上回った。方面別では、欧州線が同11.7%減の4万2097人、韓国線が同15.3%減の4万7126人、中国線が同0.4%減の9万7180人とマイナスだったが、主力の東南アジア線が同4.6%増の27万6197人、太平洋線が同7.1%増の15万7642人と順調だった。オセアニア線、グアム線も伸びた。

国際線の座席利用率は74.5%だった。

国内線の旅客人数は同3.2%増の253万9881人と4か月連続で前年を上回った。羽田=札幌線や羽田=福岡線などは前年を上回ったものの、羽田=伊丹線、羽田=那覇線がマイナスとなった。座席利用率は64.0%と低水準だった。

貨物郵便輸送実績では、国際線貨物が同4.9%減の2万4153トン、国際線郵便が同7.7%減の4201トン、国内線貨物が同1.7%減の3万8354トン、国内線郵便が同0.9%増の3211トンだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. ボーイング 737 MAX デビューへ…ファンボロー航空ショーで

    ボーイング 737 MAX デビューへ…ファンボロー航空ショーで

  2. JAL、国際線と国内線の旅客人数が9カ月ぶりにマイナス…5月

    JAL、国際線と国内線の旅客人数が9カ月ぶりにマイナス…5月

  3. ANA、「九州ふっこう割」活用で最大2万円のクーポン

    ANA、「九州ふっこう割」活用で最大2万円のクーポン

  4. JAL、新千歳空港に最上級ラウンジ「ダイヤモンド・プレミアムラウンジ」を新設

  5. ガルーダ・インドネシア航空、東京=デンパサール線の機材を変更へ…8月7日-10月17日

  6. 日本トランスオーシャン航空、名古屋=沖縄線に737-800型機導入…大型化

  7. 関西国際空港、国際線が好調で航空機発着回数が11%増…5月

  8. ライアンエアー、欧州委員会にスト対策を求める…仏ストは13週で12度

  9. ルフトハンザドイツ、短・中距離線でインターネット接続サービスを開始へ

  10. JAL、整備場でプロジェクションマッピングを実施…「TED×Haneda2016」を支援

アクセスランキングをもっと見る