JAL、旅客人数が4か月ぶりプラスに…2015年12月

航空 企業動向

JAL(イメージ)
  • JAL(イメージ)
日本航空(JAL)は、2015年12月の輸送実績を発表した。

国際線の旅客人数は前年同月比1.6%増の64万7152人と、4か月連続で前年を上回った。方面別では、欧州線が同11.7%減の4万2097人、韓国線が同15.3%減の4万7126人、中国線が同0.4%減の9万7180人とマイナスだったが、主力の東南アジア線が同4.6%増の27万6197人、太平洋線が同7.1%増の15万7642人と順調だった。オセアニア線、グアム線も伸びた。

国際線の座席利用率は74.5%だった。

国内線の旅客人数は同3.2%増の253万9881人と4か月連続で前年を上回った。羽田=札幌線や羽田=福岡線などは前年を上回ったものの、羽田=伊丹線、羽田=那覇線がマイナスとなった。座席利用率は64.0%と低水準だった。

貨物郵便輸送実績では、国際線貨物が同4.9%減の2万4153トン、国際線郵便が同7.7%減の4201トン、国内線貨物が同1.7%減の3万8354トン、国内線郵便が同0.9%増の3211トンだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. アメリカ海兵隊、オバマ大統領の来日にあわせて「マリーンワン」を運用

    アメリカ海兵隊、オバマ大統領の来日にあわせて「マリーンワン」を運用

  2. MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

    MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

  3. 新関西国際空港、訪日観光客急増の効果で売上高・営業利益が過去最高…2015年3月期決算

    新関西国際空港、訪日観光客急増の効果で売上高・営業利益が過去最高…2015年3月期決算

  4. MRJ、エンジン空中停止や片エンジンなどの飛行試験を実施…三菱航空機

  5. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  6. 先進技術実証機「X-2」、4月下旬の初飛行に向けたテスト継続

  7. 新しい政府専用機のデザインが決定、日章旗をモチーフに

  8. 香港航空、大阪線を開設へ…7月15日から

  9. パスコなど、土木工事現場でドローンによる3次元データ構築サービスを提供

  10. 成田国際空港、東京五輪に向けてユニバーサルデザイン化…第1弾はトイレ

アクセスランキングをもっと見る