ホンダ NC750X、新型発売…LEDヘッドライト採用などスタイリング一新

モーターサイクル 新型車

ホンダ NC750X
  • ホンダ NC750X
  • ホンダ NC750S デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS>
  • ホンダ NC750S デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS>
  • ホンダ NC750S デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS>
  • ホンダ NC750X デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS>
  • ホンダ NC750X デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS>
  • ホンダ NC750X デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS>
  • ホンダ NC750X デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS>
ホンダは、大型スポーツモデル『NC750X』をモデルチェンジし、1月26日より発売する。

NC750シリーズは、扱いやすく燃費性能に優れた直列2気筒750ccエンジンを搭載。使い勝手の良いラゲッジ収納などを備えた大型ツアラーとして、人気を博している。

NC750Xは、大型ウインドスクリーンやボリュームのあるサイドカウルをコンパクトなサイドカバーによって際立たせ、アドベンチャーイメージを強調したスタイリングに一新した。また、視認性に優れた配光のLEDヘッドライトを採用することで存在感を主張するとともに、導光タイプのポジションランプをヘッドライト輪郭に縁取り個性を演出。さらにLEDテールランプの採用や、ラゲッジボックスの容量拡大により、実用性を向上させた。

足回りは、フロントサスペンションに「デュアルベンディングバルブ」を採用し、乗り心地の向上と制動時のノーズダイブを軽減。さらに、リアクッションにはプリロード調整機構を追加し、路面追従性を向上させた。

また、DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)搭載モデルでは、Sモードに3種類のレベルを設定できる機能を追加するなど、DCTの制御を熟成。あわせて、心地のよいパルス感を向上させる異形断面マフラーや、防風効果をさらに高めた大型ウインドスクリーンをそれぞれ採用した。

また、NC750XのDCT搭載車にETCとグリップヒーターを装着した「Eパッケージタイプ」と、全車にETCとグリップヒーターを標準装備した『NC750S』を2月19日に発売する。

価格はNC750Xが74万3040円から92万4480円。NC750Sが69万0120円から82万2960円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

    トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

  2. ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

    ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  6. 中古用品のアップガレージライダース、石川県小松市に新店舗オープン…6月4日

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】“エメラルドカラー”が二輪サスの新シンボルに…ショーワ

  8. 【東京モーターサイクルショー16】スズキ、「隼」超えるバイクでブランド力のアップねらう

  9. 【東京モーターサイクルショー16】トライアンフ タイガーエクスプローラーXRX[詳細画像]

  10. 【東京モーターサイクルショー16】カワサキ Z250SL[詳細画像]

アクセスランキングをもっと見る