メルセデス・ベンツ日本、6月から平均2%値上げへ…研究開発コスト増を転嫁

自動車 ビジネス 企業動向

メルセデス・ベンツ日本 年頭記者懇談会
  • メルセデス・ベンツ日本 年頭記者懇談会
  • メルセデス・ベンツ日本 年頭記者懇談会
  • メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎 社長
メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は1月25日、都内で会見し、6月から希望小売価格を平均2%値上げする方針を明らかにした。

上野社長は「新技術、新素材の研究開発コストが車に跳ね返ってくるというのが実状」と値上げの背景を説明した。というのも「ヨーロッパなどは毎年、定期的に値上げを行っている中で、日本では一昨年前までずっとフラットな状態で、企業努力で頑張ってきたが、その枠を超えざるを得ない」からだ。

また上野社長は「当然のことながら値上げの影響はあると考えている」としながらも、「値上げに値するブランドバリューおよび商品バリューの提供や、(残価設定型ローンで月々の支払額を抑えた)月額訴求を行うことによって、(影響を)最小限にとどめたい」と述べた。具体的な価格改定に関しては「5月末に改めて発表する」としている。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

    【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  4. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  5. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  6. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  7. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  8. ホビージャパン、新型NSX の高品質1:18スケールモデルを発売

  9. 新型 シビック タイプR がレンタカーに…3時間1万5750円から

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

アクセスランキングをもっと見る