日本精工、世界最軽量の電動パワーステアリングを開発

自動車 ビジネス 企業動向

日本精工が世界最軽量のEPSを開発
  • 日本精工が世界最軽量のEPSを開発
  • 日本精工が世界最軽量のEPSを開発
日本精工は、世界最軽量の電動パワーステアリング(EPS)を開発した。特に高い燃費効率が求められる中小型車向けとしてグローバルに拡販する。

開発品は、ハンドルの上下角度を調整可能なチルト機構付きコラムタイプとしては世界最軽量で、安全性や作動持続性を向上させた。ギヤボックスの内部機構を小型化することで、従来比約13%軽量化した。

トルクセンサ機構の構造を最適設計することにより小型化したほか、減速ギヤ噛合いの解析から歯面形状を最適設計することで小型化した。

また、トルクセンサ自らの機能監視を始動時に自動点検することで安全性を高め、更にアイドリングストップ時にバッテリー給電性能が低下する場合でもEPS作動を持続できるようにした。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

    ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  2. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

    米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  3. ホンダ、熊本製作所の従業員450人を一時配転

    ホンダ、熊本製作所の従業員450人を一時配転

  4. FCA、アルファロメオとマセラティの新CEOを指名

  5. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  6. 【カーエレ最前線】ライティングでドレスアップという選択

  7. トヨタ自動車、米Uber社とライドシェア領域での協業を検討

  8. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  9. 【NEW環境展16】油だけを吸う高機能油脂吸着材、吸油性能は自重の35倍…日本フォームサービス

  10. 【NEW環境展16】福島の除染で活躍した高圧洗浄車、空港への導入狙う新型

アクセスランキングをもっと見る