【カーライフよろず知恵袋】「ワイドFM」の楽しみ方 その4…対応カーナビについて

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

三菱電機・ダイヤトーンサウンドナビ NR-MZ100
  • 三菱電機・ダイヤトーンサウンドナビ NR-MZ100
カーライフに関する情報をマルチにお届けしている当コーナー。今月は「ワイドFM」についての諸々をご紹介している。先週までは、これのそもそもの目的や、楽しさのポイントなどについて解説してきた。今週からはいよいよ、「どうすれば聴けるのか」をお伝えしていく。

「ワイドFM」を聴くためには、対応しているナビかオーディオが必要だ。しかし2014年以前のモデルでは、対応しているケースはまれだろう。90.1MHzから95MHzまでの周波数帯を使って「ワイドFM」が放送されるのだが、その周波数帯は、かつてのテレビ(地上波アナログ放送)が使用していた周波数帯だ。であるので、FMラジオ放送といえば90MHzまでだったわけで、これまでの通常のFMチューナーは、90MHzまでしか受信できない作りになっていたのだ。

ただし一部、90.1MHz以上を受信できるFMラジオもかつては存在していた。テレビの1chから3chあたりまでを聴ける機種があったのだ。なので、愛車のナビやオーディオも、一応確認してみる価値はある。90MHz以上を受信できたらしめたものだ。お住まいの地域で「ワイドFM」を放送しているAM放送局があれば、ぜひぜひ「ワイドFM」体験をしていただきたい。

もし愛車のナビやオーディオが、90MHzまでしか聴けないタイプだったなら。対応機種に買い換えるしかない。とはいえ、「ワイドFM」のためだけにAV一体型ナビを買い換えるというのはあまり現実的ではない…。

しかし、そろそろ買い換えようかと迷っていたのなら話は別だ。この機会に、「ワイドFM」も楽しめる現行モデルへの買い換えを決断するというのはいかがだろうか。

以下に、現行モデルで「ワイドFM」に対応している主な機種を、ざっとご紹介しておく。

●三菱電機・ダイヤトーンサウンドナビ NR-MZ100シリーズ
●ケンウッド・彩速ナビシリーズ(現行モデル)
●イクリプス・SZシリーズ、Zシリーズ(現行モデル)
●クラリオン・MAXシリーズ(現行モデル)、NXシリーズ(NX715、NX615、NX615W)

さて、次週はオーディオメインユニットにおいての「ワイドFM」の対応状況をお伝えする。非AV一体型ナビユーザーは、要チェック。

【カーライフよろず知恵袋】FMでAM放送!? 「ワイドFM」の楽しみ方 教えます! その3 「対応カーナビについて」

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【JNCAP2015】最高評価の5台、国際フォーラムで一般公開 28日

    【JNCAP2015】最高評価の5台、国際フォーラムで一般公開 28日

  2. 初めてのカーオーディオ、プロに聞いた「本命プラン」

    初めてのカーオーディオ、プロに聞いた「本命プラン」

  3. タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

    タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

  4. ガーミン、GPS機能付アウトドアウォッチ fenix3J にスワロフスキーモデルを追加

  5. 【JNCAP2015】新・安全性能総合評価、CX-3 や ステップワゴン など5車種がファイブスターを獲得

  6. いすゞと日野、トラック・バスの自動運転システム実用化に向けITS技術を共同開発

  7. 【JNCAP2015】マツダ CX-3、ファイブスター賞を最高得点で受賞

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】Aピラーは細く軽く…視野角広げるティッセンクルップの「スリムAピラー」

  9. アルパイン、大画面ナビ「ビッグX」が世界最大となる11型液晶を搭載…アロマも装備

  10. 【官能カーオーディオ!】「イコライザー」で“音”の雰囲気が一変!…“予算0円”のチューニング術

アクセスランキングをもっと見る