スバルのゲレンデタクシー、今シーズンもゲレンデを駆け上がる

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

スバル ゲレンデタクシー2016
  • スバル ゲレンデタクシー2016
  • スバル ゲレンデタクシー2016
  • スバル ゲレンデタクシー2016
  • スバル ゲレンデタクシー2016
  • スバル ゲレンデタクシー2016
  • スバル ゲレンデタクシー2016
  • スバル ゲレンデタクシー2016
  • スバル ゲレンデタクシー2016
スバル(富士重工業)は1月23日・24日、スキー場のリフトの代わりにゲレンデ上部まで運んでくれる「スバル ゲレンデタクシー2016」を、長野県のエコーバレースキー場で開催。多くのスキーヤー・スノーボーダーを乗せ、スバル車がゲレンデを疾走した。

2015-2016ウインターシーズンで、3シーズン目の開催となるゲレンデタクシー。「スバルSUVの性能を楽しみながら安心と愉しさを体感してほしい」という思いから始まり、毎シーズン人気を集めている。

今シーズンは2015年12月12 ・13日に北海道のサッポロテイネスキー場で初開催。暖冬の影響で、テイネスキー場では雪不足により、ゲレンデ横の特設コースでの開催となった。本州でも雪不足が懸念されたが、2016年1月に入り一気に冬型の気候が進んだことで、各地のスキー場にも雪が多くなり、エコーバレースキー場では昨シーズンに引き続き、第1ペアリフトに沿ったコースで開催された。

乗車するためには「ゲレンデタクシー」の前で記念撮影を行い、その写真をSNS(Twitter、Facebook、LINE、Instagram)に「#ゲレンデタクシー」のハッシュタグを付けて投稿すれば無料で乗車することができる。

POPなカラーリングが施された『レガシィ アウトバック』、『フォレスター』、『XV』、『XV HIBRID』、『エクシーガ クロスオーバー7』といったスバルSUVのオールラインアップをタクシーとして用意。タクシーらしくルーフには「TAXI」の行灯とキャリアがセットされる。ゲレンデを走ると言っても、特別な装備を付けるのではなく、市販のスタッドレス、ミシュラン「X-ICE3」を装着するだけで、もともとの悪路走行おける性能の高さをアピールするねらいだ。

タクシードライバーには2015年全日本ラリー選手権でチャンピオンを獲得した新井敏弘選手も登場。(サッポロテイネスキー場では同じくラリードライバーの鎌田卓麻選手が務めた)雪煙をあげた迫力ある走行を間近で見られた。タクシーの車両やドライバーを選ぶことはできないが、多くの観客が新井選手のドライビングを体験したいと、何度も乗車する姿も見られた。

イベント最後には新井選手による『WRX STI』の雪上パフォーマンスが繰り広げられ、多くの観客を沸かした。新井選手は「多くのお客さんの笑顔が見られてとても楽しかった。ラリーを知っている人も多くいて、たくさんファンと会話できたのも楽しかった。」と語った。

スバルゲレンデタクシーは、1月30・31日に福島県裏磐梯猫魔スキー場のにゃんだーハウス前特設会場に行なわれて、今シーズンの営業は終了となる。
《雪岡直樹》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【新聞ウォッチ】三菱自の開発部門テコ入れ、日産の山下光彦元副社長に白羽の矢

    【新聞ウォッチ】三菱自の開発部門テコ入れ、日産の山下光彦元副社長に白羽の矢

  2. 【昭和のクルマを守る集い16】レオーネ4WD に サンバー…スバル歴代の個性派ずらり

    【昭和のクルマを守る集い16】レオーネ4WD に サンバー…スバル歴代の個性派ずらり

  3. トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

    トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

  4. 【JNCC 第4戦】神業の激速ダウンヒルで、斉木達也が今季2勝目

  5. 「カーグラTV」風に古谷徹が紹介…『PROJECT CARS PE』最新トレイラー公開

  6. 【全日本ラリー 第3戦】プジョー 208 R2、JN5クラスで初優勝

  7. 【第100回インディ500】佐藤琢磨、好感触の予選12位「これまでで最も素晴らしいマシン」

  8. スバル レヴォーグ、国際自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」に特別協賛

  9. 【昭和のクルマを守る集い16】レアな存在、“修正後”のブルーバード 1300 SS

  10. 【JNCC 第4戦】斉木達也がポイントリーダーに…爺ガ岳に衝撃[写真蔵]

アクセスランキングをもっと見る