スバルのゲレンデタクシー、今シーズンもゲレンデを駆け上がる | レスポンス(Response.jp)

スバルのゲレンデタクシー、今シーズンもゲレンデを駆け上がる

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

スバル ゲレンデタクシー2016
  • スバル ゲレンデタクシー2016
  • スバル ゲレンデタクシー2016
  • スバル ゲレンデタクシー2016
  • スバル ゲレンデタクシー2016
  • スバル ゲレンデタクシー2016
  • スバル ゲレンデタクシー2016
  • スバル ゲレンデタクシー2016
  • スバル ゲレンデタクシー2016
スバル(富士重工業)は1月23日・24日、スキー場のリフトの代わりにゲレンデ上部まで運んでくれる「スバル ゲレンデタクシー2016」を、長野県のエコーバレースキー場で開催。多くのスキーヤー・スノーボーダーを乗せ、スバル車がゲレンデを疾走した。

2015-2016ウインターシーズンで、3シーズン目の開催となるゲレンデタクシー。「スバルSUVの性能を楽しみながら安心と愉しさを体感してほしい」という思いから始まり、毎シーズン人気を集めている。

今シーズンは2015年12月12 ・13日に北海道のサッポロテイネスキー場で初開催。暖冬の影響で、テイネスキー場では雪不足により、ゲレンデ横の特設コースでの開催となった。本州でも雪不足が懸念されたが、2016年1月に入り一気に冬型の気候が進んだことで、各地のスキー場にも雪が多くなり、エコーバレースキー場では昨シーズンに引き続き、第1ペアリフトに沿ったコースで開催された。

乗車するためには「ゲレンデタクシー」の前で記念撮影を行い、その写真をSNS(Twitter、Facebook、LINE、Instagram)に「#ゲレンデタクシー」のハッシュタグを付けて投稿すれば無料で乗車することができる。

POPなカラーリングが施された『レガシィ アウトバック』、『フォレスター』、『XV』、『XV HIBRID』、『エクシーガ クロスオーバー7』といったスバルSUVのオールラインアップをタクシーとして用意。タクシーらしくルーフには「TAXI」の行灯とキャリアがセットされる。ゲレンデを走ると言っても、特別な装備を付けるのではなく、市販のスタッドレス、ミシュラン「X-ICE3」を装着するだけで、もともとの悪路走行おける性能の高さをアピールするねらいだ。

タクシードライバーには2015年全日本ラリー選手権でチャンピオンを獲得した新井敏弘選手も登場。(サッポロテイネスキー場では同じくラリードライバーの鎌田卓麻選手が務めた)雪煙をあげた迫力ある走行を間近で見られた。タクシーの車両やドライバーを選ぶことはできないが、多くの観客が新井選手のドライビングを体験したいと、何度も乗車する姿も見られた。

イベント最後には新井選手による『WRX STI』の雪上パフォーマンスが繰り広げられ、多くの観客を沸かした。新井選手は「多くのお客さんの笑顔が見られてとても楽しかった。ラリーを知っている人も多くいて、たくさんファンと会話できたのも楽しかった。」と語った。

スバルゲレンデタクシーは、1月30・31日に福島県裏磐梯猫魔スキー場のにゃんだーハウス前特設会場に行なわれて、今シーズンの営業は終了となる。
《雪岡直樹》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品