就航都市をドローンで撮影…エミレーツとボーイングが「上空からの眺め」を公開

航空 企業動向

ビュー・フロム・アバブ
  • ビュー・フロム・アバブ
エミレーツ航空とボーイングは1月21日、両社主催のプロジェクト「ビュー・フロム・アバブ(上空からの眺め)」の動画18本を特設サイトで公開した。

同プロジェクトの撮影にはドローンを使用。撮影場所はエミレーツの本拠地であるドバイ、ボーイングの工場があるシアトルのほか、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、日本、モルディブ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、パナマ(3月就航)、ポーランド、リオデジャネイロ、セーシェル、スリランカ、シドニー、ベトナム。

ボーイング777-300ER、777-200LR、777-300、777-200を保有するエミレーツの幹部は「当社の目標は世界中のユーザーと常につながることだ。ユーザーが他に類を見ない動画に刺激を受けることを望んでいる」と述べた。
《日下部みずき》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品