ルフトハンザドイツ航空、A320neoがフランクフルト到着…24日就航

航空 企業動向

ルフトハンザドイツ航空は1月22日、エアバスA320neo初号機がフランクフルトに到着したと発表した。

A320neo初号機はエアバス工場(ハンブルクのフィンケンヴェルダー地区)を13時34分に出発し、フランクフルト空港に14時14分に無事着陸した。所要時間は40分。同空港にA320neoが到着したのは初めてのこと。

A320neoの新型エンジンと大型のウイングチップは、排気量削減と騒音低減を実現する。PW1100Gエンジンのテクノロジーにより、従来のA320に比べて燃料効率が15%改善され、85デシベルの騒音分布も従来比50%程度まで縮小された。

新造機による定期便初便は現地時間24日10時、フランクフルトを出発し、ハンブルクに向かう。ルフトハンザはフランクフルト=ハンブルク線、ミュンヘン線にA320neoを就航させ、年内には4機を受領する予定。
《日下部みずき》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品